ずらしキーワードで10万円稼ぐ方法【考え方はマトリックスを活用】

あなた
キーワードが思いつかない
ライバルが強すぎて記事が書けない
ずらしってどうやればいいの?
ドメインパワーが弱いから上位表示されない
キーワードをずらす方法を知りたい

このような悩みに答えます。

ここからは、キーワードをずらすための考え方や具体的な例をあげて解説していきます。

動画でも詳しく解説しています!

ずらしキーワードで月10万円を稼ごう!

ずらしキーワードを上手に使って10万円を稼ぎましょう。

なぜなら、多くのライバルが狙っている単一キーワードやビックキーワードを初心者が狙っても、思うようにアクセスが集まらないからです。(上位表示されている記事が強すぎです)

 

多くのアフィリエイターやブロガー・企業が、競争しているビックキーワードは避けて、ずらしキーワードを使いこなすことで、争いの少ない快適な領域で勝負しましょう!

 

僕自身、トレンドブブログで稼ぎましたが、ずらしのキーワードがハマると本当にアクセスが爆発するので、アクセスが伸びるのが快感になります。

自分が狙ったキーワードで予想通りアクセスが来ると、マジで気持ちいいですよ!笑

 

特にトレンドブログの場合は、ニュースサイトから情報が出た瞬間に記事を書いているライバルが多いので、時間を取れないような忙しい方は、ずらしのテクニックは必須となってきます。

 

ずらしが上手くなると、1つのネタからたくさんの切り口を生み出して記事にすることができるので、収益も大きくなりますよ。

 

ちなみに、記事の構成に関してはこちらから
≫ トレンドネタの書き方と構成のコツ【上手なカンニングはアクセス爆発】

 

 

ずらしキーワードは弱者戦略【アクセスアップへの道】

ずらしキーワードはアクセスアップのための弱者戦略として必要なスキルです。

なぜなら、ドメインパワーが強いにも関わらず、記事の更新が早いブログには初心者のブログでは太刀打ちできないからです。

 

例えば

ある有名俳優が結婚した場合を考えます。

当然、そのお相手の方の経歴や顔写真に多くの人が注目しますよね。

そのため、多くのブログは、お相手の女性についての記事を書くことが多いです。
この場合、有名俳優さんの結婚相手に関しての情報は溢れているので、弱小ブログが記事を書いても上位表示はされません。

このような場合に効果的なのが、ずらしキーワードなのです。

 

ずらしキーワードを使うことで、ライバルの少ない領域で戦うことができ、上位表示されるのも比較的容易になってくるということです。

 

では、どのようにずらしキーワードを生み出していけばいいのでしょうか?

 

 

ずらしキーワードの考え方はマトリックス思考法がオススメ

ずらしキーワードの考え方は、マトリックス思考法を使いましょう。

なぜなら、漠然とキーワードをずらそうと考えても、いつになってもキーワードが生まれずに時間だけが過ぎ去ってしまうからです。

 

何かを考えるのであれば、思考の型を利用することが上手くいくためのコツになってきます。

 

例えば

脳の仕組みとしては、疑問があるから答えを導き出せるという順番になっています。

つまり、的確な質問があるからこそ、得たい答えにたどり着けるということです。

だからこそ、ずらしのキーワードを生み出すための、的確な質問ができるような思考法を習得すると効率的にアクセスの集まるずらしのキーワードを見つけ出すことができるのです。

 

 

その方法がマトリックスを使った思考方法です。

マトリックス 思考法

 

この表に従って、考えていけば簡単にずらしのキーワードを生み出すことができます。

縦に深掘りしていくときは、より詳細な情報に解像度を上げていき、横に展開していく時は、類似語を考えて単語を言い換えていきます。

 

類似語を考えるのが難しい場合は、ツールを使うのもオススメです!
≫ weblioの類似語ツール

 

 

アクセスや収益を増やすためのずらしキーワードの種類

ずらしキーワードを生み出すための、マトリックス思考法をお伝えしていきました。

どんな分野においても、分解して図に落とし込んで考えていくことは、脳に良質な質問を与えることができるので非常に有用です。

 

ここからは、アクセスが集まりやすい具体的なずらしについて解説していきます。

キーワードのその先を考えてずらす

キーワードのその先を考えてずらすとアクセスがアップします。

なぜなら、上位表示されていない記事を見ると、ユーザーの検索キーワードに対しては答えているのですが、その先について触れていない記事が多いからです。

 

例えば

『ダイエット 簡単』というキーワードに対して、簡単なダイエット方法を書くだけでは不十分であり、検索したユーザーがこの記事を読んだだけで満足できるレベルにまで昇華させるには、次にどんな悩みがあるかまで考える必要があります。

『ダイエット 簡単』というキーワードを検索したということは、「簡単なダイエットならできるだろう・続けられるだろう」と考えている可能性が高いです。

つまり、このキーワードに追記するなら、『継続する方法』というユーザーが次に悩むであろう部分です。

 

『ダイエット 簡単』から『ダイエット 簡単 継続』というキーワードを狙うことで、記事構成や内容も変化し、よりユーザーの悩みに答えることができる記事を作成することができます。

 

 

キーワードを深掘りして悩みを限定化する

キーワードを深掘りして悩みを限定化してくと、ライバルが減少するのでアクセスアップに繋がります。

なぜなら、キーワード数が多くなっていくことで自然と検索数も減少するため、そのキーワードを狙っているライバルが減るからです。

 

こうなると、

あなた
検索数が減ってしまったらアクセスが稼げないのでは?

という疑問が生まれると思います。

 

確かに、検索数自体が少なくなってしまうので、アクセス自体は多くはありません。

 

ただ、キーワードが複数になるということは、それだけユーザーが深い悩みを持っているということです。

 

例えば
なとなく「痩せたい」と考えている人は、『ダイエット』や『痩せる方法』などの単一キーワードで検索しますが、痩せることへのニーズが強いユーザーはより詳細な情報を求めているので、『二の腕 痩せる方法』などのように複数のキーワードを打ち込んで詳細に検索します。

 

つまり、複数のキーワードで上位表示された方が、より悩みが深く緊急性が高いユーザーが集まってくるので、ASP案件や楽天などでアフィリをした場合に成約に至る確率が高くなります。

 

深掘りしたキーワードはロングテールキーワードとも言われています。
≫ ロングテールキーワードは選定方法より考え方が大事【初心者必見です】

 

 

感情系のキーワードでずらす

感情系のキーワードでずらすと、アクセスアップが期待できます。

なぜなら、感情系のキーワードは検索需要がそれなりにあるのですが、意外と狙っている記事が少ないからです。

 

例えば

「痩せる」や「ダイエット」の場合は、かなりの検索ボリュームがありますが、ライバルが強すぎて初心者が参入するには厳しいです。

これに対して、感情系のキーワードを入れた場合は、検索需要も減りますしライバル数もグッと少なくなります。

 

そのため、感情系のキーワードを組み合わせて狙っていくとアクセスを稼ぎやすいです。

 

感情系のキーワードを探すと、『どうしても 痩せたい』などがあり、検索需要もそれなりにあるので、ここを狙っていく方が『痩せたい』などの単一キーワードを狙うよりも上位表示の可能性は高いです。

感情系キーワードの探し方は、ヤフー知恵袋や教えてgooなどで悩みを分析していると、見つけ出すことができるのでオススメです!

 

shun
ネガティブ系の感情キーワードは成約率が高いのでオススメですよ〜

 

 

 

まとめ

キーワードのずらしについて解説してきました。

多くのサイトに上位表示させるには、キーワードをずらせという内容が見られていますが、僕自身も初心者だった頃に、ずらせって言われても...

と、考え方が分からなかったので、悩みまくったことを覚えています。

 

その時は、マトリックスにして考えるクセがなかったので、悩みましたがマトリックス思考法を使ってからは、ずらすための考え方が身につきました。

 

具体例もいくつか紹介しましたが、根本的に重要なことは『どのような考え方をするのか?』という部分ですので、マトリックス思考法を使ってみてくださいね!

 

shun
最適な答えを導き出すのは、的確な質問です!

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事