写経を1年以上続けた結果、コピーライティングの向上ポイントに気付いた..

こんにちは、shunです。

今回は、文章力0だった僕がコピーライティング力の向上のために、写経を1年以上続けてみた結果、「何をすれば効率よく売上アップに繋がるか?」という部分が見えてきたので、その秘密について暴露していくのですが..

 

まず最初に、もしあなたが「読むだけで稼げるようになる魔法のような情報がある」と思っているのであれば、この記事はお役に立てないばかりか、現実を突きつけるだけになってしまうかもしれません。

しかし、あなたが「目先の利益ではなく、自分のスキルを磨くことで資産を築くことができる」と思っているのであれば、この記事を最後まで読んで頂ければ幸いです。(特に、自動化やコンテンツビジネスを考えてる人はオススメ)

初めて書いた文章でキレられてネガティブ洗脳の日々

今でこそ、それなりの文章を書けるようになった僕ですが、数年前の僕は「え、小学生ですか?wというレベルの文章を書いていました..

shun
超マジです。

 

その証拠に、就職先の病院では教育担当のOさんに毎回ブチギレられていました..

理学療法士の仕事の1つとして、患者さんが転院する際に、リハビリの経過や症状の変化などを報告書にまとめて提出するのですが、その時の文章がゴミすぎてブチギレられていたのです。(最初のため息が怖い..)

Oさん
はぁ、小学生じゃないんだからっ!

 

と、こんな感じでブチギレられていたので、

shun
文章なんて書いたことないし、俺には無理だわ..

 

などと言い訳をしていましたが、最終的には別の先輩の報告書をコピペして、それを自分の担当患者さん用に修正していくという方法で乗り切っていました。(小手先のテクニックです..)

ブチギレされる文章力でブログ開始。そして、撃沈..

教育担当Oさんのブチギレは、先輩の報告書をコピペして回避してただけなので、文章力は相変わらずだった僕ですが、色々なプロセスを経てブログで稼ぐことに決めました。(詳しくは病院奴隷の物語へ)

つまり、『ブログで稼ぐ=下手すぎてキレられていた文章でお金を稼ぐ』ということです..

当時の僕は、

shun
小学生レベルの文章力の俺にできるのか?

 

などと、見事にネガティブ洗脳されていましたが、「まぁ、そのうち上達するだろ..」という楽観的な考えでブログを書き始めました。

ただ、実際にやってみると、

shun
何を書けばいいのかさえ分かりません..

 

とりあえず、自分なりに50記事くらい書きまくっていましたが、恐ろしいくらいに誰にも読まれないので、「1円さえも稼げない..」という悲惨な状況でした..

それだけではなく、当時の彼女から

元カノ
忙しそうだけど、最近何してんのー?

 

と聞かれたので、

shun
ブログ書いてんだけど、文章ムズすぎ..

 

と答えると、「ちょっと見たい!」と言われたので、嫌な予感がしながらURLをラインに送りました..

すると、

元カノ
読みにくすぎてウケるwww

 

と、そこから何発ものディスりがスタートして、かなりのダメージを受けてヘコみました..

shun
報酬画面は0円だし、ディスられるし、何これ..

コピーライティングを学びつつ、写経生活がスタート..

文章は「小学生レベルだ!」とディスられ、報酬画面が0円キープという状況でも、懲りずにブログを書いていましたが、あまりにも結果が出なかったので、

shun
文章が下手くそなやつが、下手くその頭で考えてるから駄目なんだ!

 

という真実に気づき、コピーライティングと名前がついている書籍を片っ端から読み漁りました。(セールスライティングから小説の書き方まで..)

このモードに入ると、僕は『あらゆる情報を吸収したい欲』が高まってしまうので、書籍だけではなくライティング系のコンテンツなども買って学び始めました。

 

ちなみに、インプット先は常にトップ層と決めているので、業界トップや文章だけで数億円以上の利益を出している方に絞っていました⬇︎

 

何人かの例を挙げると
・木坂さん
・仙人さん
・新田さん
・本條さん
・村上さん
・苫米地博士
・マナブログさん
・宇崎さん..etc

などです。(ちょーお世話になってます)

ライティング系のコンテンツだけで、いくら使ったかは覚えていませんが、自分の時間・労力・お金を投資して学びまくりました。

そして、そんな中で出会ったのが『写経』という練習方法です。

 

ちなみに、

あなた
写経って何?

 

という方のために簡単に説明すると、

 

写経とは
元々は仏教用語なのですが、コピーライティングの世界では、モデルとなる文章(レターなど)を手書きで、そっくりに書き写していく行為のことを指します。(一般的な練習方法です)
ちなみに、1回で数十億円稼ぐような海外のコピーライターの中にも、毎日写経している人がいるようです。

 

僕が学んでいた仙人さんも、

仙人さん
最初は、指が曲がるくらい写経しました。

 

とコンテンツ内で言っていたので、僕も写経をやることにしました。

ダイソーの一番大きいノート(A5)に、「売れているレター(数億円の売上)」「自分が買ったコンテンツのレター」、「自動化してるステップメール」などを親指が痛くなるほど写経しました。

こんな感じ⬇︎

家でやったり、カフェでやったり、福岡のスパの休憩所でやったり、とにかく毎日書き続けました..

何冊書いたか覚えてませんが、リビングにあるノートだけでも20冊以上あるので、今更ながら1年間やり続けてみると達成感がありますね。笑

 

このように、小学生レベルの文章力だった僕は、上記のコンテンツから学んだり、毎日の写経と記事作成を続けたことで、

教育担当のOさんからは、

Oさん
文章が小学生レベルだ!

 

元カノからは、

元カノ
読みにくすぎてウケるwww

 

などと言われていましたが、徐々に結果が出始め、たった1記事で89万円の売上を作れるようになったり、収益性が高いKWを狙ってSEOで1位が取れるようになるまで成長しました。

 

shun
もし自己投資をせずに、今でも小学生レベルだったと思うと、恐怖でしかないです..

大量インプットと1年間の写経生活で気づいた、売れるライティングの向上ポイント

コピーライティングについて勉強していると、

・どんな表現をするか?
・どんな感情を刺激するか?
・どんな型を使うのか?
・どんな設計図を作るのか?

など、考えるべきことは色々とありますが、コピーライティングのスキルを磨いて、文章で売る力を伸ばしたいのであれば、最もレバレッジとなるポイントは、

shun
お客さんを理解し、共感する力。

 

に集約されると、僕は考えています。

どれだけたくさんの単語やテクニックを知っていても、どれだけ毎日写経をしていても、お客さんの現実を理解していなければ、お客さんが行動するような文章を書くことはできません。(確実に売れない)

 

つまり、売れる文章で最もレバレッジになることは、お客さんが「日々考えていること、見ている世界、使っている言葉」に、あなた自身が入り込んでいくということなのです。

極端なことを言えば、ここさえ抑えていれば、テクニックを知る必要も、写経をする必要もないのです..

shun
お客さんの現実にジャンプしよう。

 

ただ、実際に文章を書く上で、1つ付け加えるのであれば、

 

コピーライティングの表現とは
膨大な情報のジャングルの中で、「どうすればいいの?」と迷子になっているお客さんに対して、分かりにくい獣道を整備して、通りやすい1つの道を提示する行為である。

ということを覚えておいてください。

つまり、ブログの記事だろうが、コンテンツ作りだろうが、自動化のためのメルマガだろうが、お客さんがあなたの文章を読んだ時に、過度なストレスなく理解して行動できるような表現でなければならないのです。

 

shun
常に、お客さん側に立ってください。

写経は意味がない?重要なのは行為よりも意図です。

売れる文章を書くためにレバレッジとなるポイントをお伝えしてきましたが、このように書くと、

あなた
じゃあ、写経は意味ないんですか?

 

と思うかもしれませんが、そうではありません。

もちろん、僕がやったように写経をしてもいいのですが、

shun
何をやるのかよりも、どんな意識を持っているのか?

 

ということの方が重要です。

要するに、何も意図せずに書き写しているだけでは効果が薄いので、「目的を意識して写経しよう!」ということです。

 

例えば..
・自分が購入を決めたのは、どの表現が理由なのか?
・どんなライティングの型に沿って書かれているか?
・レターを読んでいるお客さんは何に悩んでいるか?
・どんな単語を使って、どんなイメージを促しているか?
・どこの表現で、どのような欲求を刺激しているか?

など、これらのことを考えながら行って欲しいわけです。

 

それ以外にも、もしあなたがコピーライティングに関する書籍や教材を持っているのであれば、その教材に書かれているマインドセットやテクニック、フレームワークを意識して、写経をしてみてください。

ある程度の知識があれば、

あなた
〇〇〇だから、この表現を使っている。

 

などのように、「なぜその文章が書かれているのか?」という理由に気づくことができるはずです。

これが見えてくると、自分が文章を書くときにも「〇〇〇だから、この表現を使おう!」という理由が生まれてくるので、読みやすい文章に変わっていくのです。

ライティングの教材を持ってない?この方法を使えばOKです。

もしあなたが、ライティングに関する教材を持っていないとしたら..

shun
かなり、ラッキーです。

 

なぜなら、僕がお伝えする方法を使えば、高いお金を払うことなく、最短ルートで売れるライティングスキルの土台を構築できるからです。(土台がなければテクニックは使えません)

 

土台構築の方法
ライティングの土台を構築するには、ここまで僕がお伝えしてきたマインドセットを意識して、日常生活を送っていればOKです。
そして、何かしらの文章を毎日書いて、それが「マインドセットに合致しているか?」を振り返ってください。
この習慣を手に入れることで、あなたのライティング力は飛躍的に向上します。(100%断言します)

 

あっ、もしかして..

ちょっと、何言っているか分からないですか?

 

shun
OKです。もう少し具体的にお伝えすると..

 

土台構築の具体化
毎日の生活の中で、あなたが出会った人に対して、その人が「日々考えていること、見ている世界、使っている言葉」を意識して観察してみてください。
・職場の人
・お店の店員さん
・見知らぬ人など、誰でもOKです。
この意識のフィルターで生活していると、「相手が何を考えているのか?何を欲しがっているのか?どんな悩みを解決したいのか?」が徐々に見えてくるのです..
それを元にして文章を書くことで、相手の現実にマッチした表現ができるようになっていくわけです。(だから売れます)

 

もしかすると、これを聞いても、

あなた
うーん..

 

と、腑に落ちないかもしれませんが、この方法を繰り返しながら文章を書いていくことで、お客さんから『あなたのコンテンツを売って欲しい』と言われるような発信者になることができるのです。

逆に言えば、お客さんを無視したライティングをしていると、『数ヶ月かけて作ったコンテンツでもお客さんに無視されて売上0円』という現実が待っているわけです。

 

つまり、もしあなたがライティングのスキルを磨いていれば、どんなコンテンツを売っていても、どんな自動化の仕組みを持っていても、自分の好きなタイミングで『お客さんに感謝されながら、お金を稼ぐ』ことができるようになるということです。

まとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

今回は、僕の小学生レベルの文章力時代から、文章で物が売れるようになるまでのプロセスをお伝えしてきましたが、

もしかすると、

あなた
自分には難しいかも..

 

などと、思っている人もいるかもしれません。

しかし、笑われるレベルの文章力だった僕は、自己流を捨てて色々なコンテンツから学んだり、毎日文章を書き続けたことで、ライティングのスキルという資産を手に入れることができました。

社会人なのに、「小学生レベルだ!」と言われるほど文章が書けなかった僕にできたので、あなたも必ず売れる文章が書けるようになるはずです。(売れる文章に才能は不要です)

 

もしあなたが、ミスなく自動化の仕組みを作りかったり、自社コンテンツでお客さんに感謝されながら稼ぎたいのであれば、この記事でお伝えしたことを意識しながら文章を書き続ければ、結果が付いてくるということを覚えておいてください。

shun
発信媒体は、note、SNS、ブログでもOK。

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事