トレンドネタの書き方と構成のコツ【上手なカンニングはアクセス爆発】

あなた
トレンドネタの書き方が分からない
難しいと感じてしまう
書き方が分からんすぎて迷子になっている
トレンドネタを書いても結果が出ない
書き方あってるのか不安になる
見出しとか書き始めとか分からない

このような疑問に答えていきます。

ここからは、トレンドネタの書き方や見出しの付け方など、意識すべき視点について具体例を交えて解説していきます。

トレンドネタの書き方【初心者はカンニングがオススメ】

初心者の場合は、トレンドネタの書き方はカンニングするのがおすすめです。

学校のテストでは、カンニングすると怒られますが、ビジネスにおいては他の良いコンテンツはカンニングする方が上手くいきます。

 

なぜなら、自分で思いつかなければ、すでに他の人がやっているアイディアを借りてきて、それを元に自分でブラッシュアップした方が、より良いコンテンツが作れるからです。

それに、ブログであれば上位表示されてる記事が、Googleから高評価を得ているものになるので、それをカンニングしてどのように書いているのか?を分析することは非常に有効な手段になります。

 

どんな分野にも言えることですが、『守・破・離』を徹底することが非常に重要です。

特に、初心者が0から1を生み出す場面では、『守破離』の【守】を徹底的に遂行することが最速で結果を出すためには必要なことです。

 

つまり、トレンドネタの書き方は、自分が書きたいキーワードで上位表示されているブログの文章術を参考にすると結果が出やすい書き方をマスターできる!

 

 

初心者が参考にすべきトレンドブログ【上位表示してるだけではダメ】

初心者が参考にすべきトレンドブログは、上位表示しているだけではダメです。

なぜなら、トレンドネタの場合は記事の質だけでなく、記事を書いた速度も上位表示にかなり影響を与えているからです。

もし、上位表示されていたとしても、ゴミのような内容であるケースは非常に多いのです。

 

初心者が書き方で参考にすべきトレンドブログ
・自分が読んで読みやすい文章
・不用意なツイッターの引用がない
・サイドバーなどに長期的に検索される記事がある

 

上記のように、ある程度戦略が考えられているブログを参考にしましょう。

現時点でのGoogleのアルゴリズムでは、ある程度ドメインが強いブログは、ネタが出てから素早く書けばゴミ記事でも上位表示されてしまうので注意しましょう!

 

 

トレンドネタの書き方と構成で考えるべきこと【アクセス爆発】

トレンドネタの書き方と構成で考えるべきことは、ユーザーがどんな疑問を持ってそのキーワードを検索したのかという意図です。

なぜなら、適当にキーワードを探してきてタイトルをつけた記事では、ユーザーを集めることができないからです。

例えば

有名女優Aさんと有名俳優Bさんが結婚した場合、ユーザーが『AとB 馴れ初め』と検索すると考えてタイトルを作ったとします。

ユーザーの意図を考えずに文字数を増やそうとする記事には、AさんとBさんにそれぞれのプロフィールなどがテンプレのように盛り込まれています。
ユーザーの検索意図が、AとBの馴れ初めにも関わらず、経歴を再度紹介されてもうざいだけですよね。

そして、肝心の馴れ初めは「わかりませんでした、今後追記します...」と書かれてあったらどう思いますか?
ユーザーを置き去りにして、自分の利益だけを追及しているのがバレバレですよね!

 

 

馴れ初めについて書くのであれば、出会いの場所や時期、そして紹介した人がいたらその人についても書くといいですよね!

深掘りするには、ユーザーが気になっている事についてです。

 

有名人同士の結婚の場合は、お互いの経歴などユーザーは求めていません。

求めているユーザーは、『A 経歴』などのキーワードを打って検索するはずです。
(有名女優と無名俳優の場合は別ですよ)

 

 

トレンドブログでも導入は非常に重要【PASONAの法則】

トレンドブログでも導入文は非常に重要です。

ASP狙いのブログ比べて、トレンドブログでは記事の内容が軽く見られる傾向にありますが、トレンドブログでも導入文は非常に重要です。

なぜなら、ユーザーの70%はファーストビューで直帰してしまうからです。

 

あなたの記事に飛んできても、「自分には関係ない」「欲しい情報がない」と思ったら、すぐにブラウザバックしてしまうので、導入文でいかに続きを読んでもらうか?というのは非常に重要な要素になってきます。

 

もし、長い検索需要がある記事を書く場合はここをしっかりと押さえておきましょう。

序文にはPASONAの法則
P:問題(problem)
A:共感(affinity)
S:解決策(solution)
O:提案(offer)
N:絞り込み(narrowing down)
A:行動(action)

 

 

具体例を挙げると...

タイトル:【江戸川区花火大会でオススメの穴場スポットを3つ紹介!】

Problem(問題)
夏と言えば花火大会ですよね!
特に江戸川区の花火大会は規模も大きくて人気があります。やはり、東京最大級というだけあって、人混みが凄いのが毎年テレビでも話題になっています。あまりにも人が多すぎて、嫌になってしまうという人も多いのではないでしょうか?

Affinity(共感)
僕も初めて江戸川区の花火大会に行ったときは
人混みが凄すぎて、座る場所もないくらいでした。

特に帰りの電車の混み具合は異常だったことを覚えています。

Solution(解決策)
どうせなら、人が少ない穴場スポットで花火をみて、帰りも人混みに巻き込まれないような場所を知りたいですよね!

Offer(提案)
そこで、今回の記事では、江戸川区花火大会を人混みを避けつつ、綺麗に花火が見れる穴場スポットについての情報をまとめていきたいと思います。

ちなみに、3つの穴場スポットですが、そのうちの2つは帰りも満員電車に巻き込まれない場所になっています。

Narrowing down(絞り込み)
もし、あなたが一度も江戸川区に行ったことがなかったとしても、この記事を読めば最初から穴場スポットで快適に花火を楽しむことができます。
Action(行動)
最後までこの記事を読んで、今年の江戸川区の花火大会を満喫できるように準備してみてくださいね!

と、イメージはこのような感じになります。

今回は例題なので、ざっくりと書いていますが、このような文章が冒頭に書いてあれば、ユーザーは「少し読んでみようかな」という気持ちになってくれるはずです。

 

 

トレンドネタの書き方の実例を紹介

トレンドネタの書き方の実例を紹介していきます。

上記で序文については解説したので、ここでは見出しの付け方や内容について解説していきます。

例えば
新川優愛さんがロケバスのドライバーさんと結婚しましたが、この報道によってロケバス関係の検索が一気に増加しています。

 

実際に、Googleトレンドで検索してみると、8月に一気に急増しているのが分かりますよね!

つまり、ロケバス関係のキーワードはお宝だったわけです。
ということで、ロケバス関係を狙った記事を書くとして、

 

ロケバス運転手になる方法や平均年収はいくら?】というタイトルで考えていきます。

おそらく、新川優愛さんがロケバスの運転手と結婚したことで

・ロケバスの運転手ってどうやってなるの?
・特殊な免許って必要なの?
・ロケバスの運転手の年収っていくら?などについてユーザーは興味を持っているはずです。

 

実例
冒頭:新川優愛さんがロケバスの運転手さんと結婚したことで、多くの人がロケバスの運転手という職業について気になっていると思います。
そこで、新川優愛さんの結婚相手の職業であるロケバスの運転手について調べてみたら、意外な事実があることが分かりました!大見出し①:ロケバスの運転手になる方法はある特殊ルートが関係大見出し②:ロケバスの運転手になるためにかかる期間や費用大見出し③:ロケバスの運転手の平均年収はいくら?

大見出し④:この内容に関係するSNSの声(状況によってはなし)

大見出し⑤:まとめ

ここでは、自分がどう思ったのか?などの独自の視点を入れることができるとgoodです。

トレンドブログは、同じような内容になりやすいので、ここで差別化を図っていきます!

 

ざっくり実例を挙げると、このような感じで記事を書いていくといいと思います。

新川優愛さんの結婚相手の顔写真や経歴などが分かっていれば、かなりアクセスが集まると思いますが、公開されていないので、今回のネタはロケバスにズラすという選択をしています。

 

ずらしキーワードに関しての詳細はこちら
≫ ずらしキーワードで10万円稼ぐ方法【考え方はマトリックスを活用】

 

 

 

まとめ

トレンドネタの書き方について解説してきました。

基本的には、ユーザーがどのような疑問を持っているのか?という視点を持ってることが非常に重要になってきます。

序文でPASONAの法則を利用するとお伝えしましたが、芸能系の記事ではそこまで利用する必要はないですので、臨機応変に対応してください。

 

結局、いろいろなことをお伝えしましたが、『中身で勝負!』ということを覚えておきましょう!

shun
読みやすければ大丈夫ですよ!

 

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事