会話でアウトプットができないと苦痛ならITを使おう【思考を整理】

あなた
会話になるとアウトプットができない
アウトプットが苦手で困っている
相手に伝える力がなくて苦痛
アウトプットを上手になりたい
言いたいことがまとまらない

このような悩みに応えていきます。

ここからは、会話でのアウトプットができないと悩んでいるあなたに、テクノロジーを使った解決方法をお伝えしていきます!

会話でアウトプットができないと苦痛ならブログを書こう

会話でアウトプットができないと苦痛に感じているのであれば、ブログを書きましょう。

なぜなら、会話でのアウトプットに比べて、文字ベースのアウトプットであれば、考えながらアウトプットをすることができるので比較的簡単だからです。

 

例えば

「転職のタイミングについてどう考えていますか?」という質問があったとして、会話の中であればレスポンスが要求されるので深く考えることができずにアウトプットをしなければいけませんよね。

常に、考える癖のある人であれば容易にアウトプットすることができますが、普段から考えていない人であれば、すぐに答えることが難しいと思います。

これに対して、ブログなどの文字ベースでのアウトプットであれば、考えながらアウトプットすることができるので、より深く自分の意見を構築することができますよね。

 

このように、制限時間の有無によって、アウトプットの難易度は大きく変わってくるのです。

 

メモ帳などにアウトプットするよりも、ブログという多くの人の目に触れる可能性がある媒体にアウトプットすることで、より深く考察するようになるのでオススメです!

 

 

会話でアウトプットができない3つの理由

あなたが会話でのアウトプットを苦痛に感じてしまう理由について解説していきます。

会話が苦手という方の多くが、この3つの理由によって苦手意識を持っています。

脳内が整理されていない【思考がごちゃごちゃ】

会話でアウトプットができないと感じるのは、脳内が整理されていないからです。

なぜなら、会話の中でのアウトプットは文字ベースのアウトプットに比べて素早い情報処理速度が要求されるので、脳内が整理されていないと苦痛に感じてしまうからです。

 

例えば

「綺麗な部屋」と「ゴミ屋敷の部屋」で探し物をすると...

ゴミ屋敷状態の部屋から、目当てのものを探し出すのは非常に難しいですが、整理整頓された綺麗な部屋であれば探すのは容易になるはずです。

これと同じように、脳内の思考も整理されていると、自分の考えをアウトプットするのも容易になるのです。

 

脳内で色々なことをごちゃごちゃ考えていると、脳内の情報が整理されていないので会話の中での質問に対して、的確な情報を脳から取り出して伝えることができないということです!

 

 

アウトプットの経験が少ないから方法が分からない【実践不足】

そもそも、インプットばかりしていてアウトプットの経験が少なければ、会話の中でレスポンス早くアウトプットするのは難しいです。

なぜなら、インプットするための脳の思考回路と、アウトプットするための脳の思考回路は別物だからです。

 

つまり、どれだけインプットをしても、アウトプットという経験をしていなければ、アウトプットができるようにはなりません。

 

例えば

投資に関する書籍を100冊読んだとしても、実際のトレードを1回もやったことがなければ、結果を出すことは出来ないので初心者と変わりません。

逆に言えば、書籍を読んでいなくてもトレードを繰り返していけば、情報が蓄積していくので結果を出すことができます。

 

shun
まずは、アウトプットの経験をすることが最重要です!

 

 

アウトプットするだけのインプットがない【勉強しよう】

アウトプットができないと苦痛に感じている人は、インプット量が圧倒的に少ない傾向にあります。

なぜなら、そもそもアウトプットするだけの情報をインプットしていなければ、アウトプットなどできるはずがありませんよね。

 

例えば
アフィリエイトについて会話をしていたとして、
あなたがアフィリエイトについての知識を持っていなれば、アウトプットをすることはできませんよね?逆に言えば、あなたが美容師であれば、髪型やスタイリングについてのアウトプットをするのは簡単ですよね。

 

目的を持ったインプットは、良質なアウトプットに繋がるのでどんどんインプットをしていきましょう!

 

shun
まずは良質なインプットから!

 

 

 

会話でアウトプットできない人にオススメのインプットは速読と多読

会話でアウトプットできない人にオススメのインプットは速読と多読です。

なぜなら、速読と多読をすることで、その分野における情報を満遍なく網羅しつつインプットすることができるので、より質の高いアウトプットが期待できるからです。

 

そもそも、インプット量が不足しているとアウトプットをすることができませんし、偏ったインプットでは情報の網羅性が不足してしまいますよね。

 

ただ、このように伝えると

 

あなた
速読と多読と言われても、そんなスキルありません

 

と感じる人がいるかと思います。

しかし、速読と言っても大量の本をざっくりと大枠で理解するイメージで速読をするだけなので、ぶっちゃけ誰でもできます!

 

アウトプットしたい分野の本を一気に10冊くらい速読すると、共通して重要な情報を理解することができるので非常にオススメです。

 

速読のコツは、完璧に読もうとしないで時間を決めて、ざっくりと理解することです!

 

shun
オススメはkindle unlimitedの読み放題!


 

会話でアウトプットできない人は動画を撮ろう【ソロプレイで実践】

会話でアウトプットできない人は、動画を撮りましょう。

なぜなら、いくら大量にインプットしても、実際にアウトプットを繰り返さなければ意味がないからです。

 

多くの人がインプットのためのインプットを行っているので、いつになってもアウトプット力が向上しません。

 

 

圧倒的に成長したいのであれば、アウトプットするためにインプットするというマインドセットにしておくことが必要です!

 

アウトプットに最も適しているのは人に教えることですが、いつも誰かに教えることができる環境ではないと思いますので、アウトプットを動画に撮りましょう。

 

動画として残しておくことで、自分の成長も記録できますし、何かのビジネスをやるときに教育コンテンツとして利用することもできるかもしれません。

 

shun
何よりも、これだけやったという自信になりますよね!

 

 

 

まとめ

会話でアウトプットができない人は、ITを使ってアウトプットを繰り返していくべきとお伝えしてきました。

 

アウトプットが苦痛に感じてしまう理由を上記で解説してきましたが、この悩みを抱えている人に多いのは圧倒的にインプットが足りていないということです。

 

多くの場合は、豊富な情報を持っていれば、誰かに伝えたいという気持ちが湧いてくるものです。

 

 

自分に自信がないとアウトプットができないという声もありますが、圧倒的な情報量があれば自分に自信がなくても情報に自信があるので、アウトプットすることは可能になります。

 

自信がついてからアウトプットするのではなく、圧倒的な情報を元にアウトプットを繰り返すことで自信がつくのです!

 

shun
自信がつくのを待つのではなく、実践によって自信をつけましょう!

 

1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事