仕事での理不尽がストレスに!【小手先の対処法より根本を変えよう】

あなた
仕事でのストレスがすごい
理不尽なストレスで仕事を辞めたい
理不尽なストレスはどう対処すればいいの?
ストレス解消法を知りたい
仕事のストレスから解放されたい

このような悩みに答えていきます。

会社で働いていると、理不尽なことってアホみたいに起こりますよね。

僕自身も、サロン経営と会社員などをやっているので、対人関係の場面で理不尽を感じることは多いです。

ここからは、仕事の理不尽によるストレスからフリーになるための根本的な解決方法について解説していきます。

仕事での理不尽がストレスに!【小手先の対処法より根本を変えよう】

仕事での理不尽がストレスになっている場合は、小手先の対処法よりも根本を変えることを考えましょう。

なぜなら、ネット上に溢れている小手先のストレス解消法をやったところで、根本的な問題解決にはならないからです。

 

例えば
よく見かけるのが、「理不尽なことを言われても気にしない」などですが、気にしないことができる人であれば、そもそも理不尽なことにストレスを感じて悩んでいませんよね。

さらに、たまたま運が良くて、小手先のテクニックでストレスを切り抜けたとしても、環境が変わってしまえば同じようなことで悩むことになります。

 

結局は、小手先のテクニックではなく、根本的な問題を見つめることをしなければ理不尽に対するストレスが変わることはありません。

 

では、どのようにして理不尽への対抗力を高めていけばいいのでしょうか?

 

 

理不尽による仕事のストレスに向き合う時間が必要【根本を変えないと繰り返す】

理不尽による仕事のストレスには、しっかりと向き合って根本から変えていかないと何度も繰り返してしまいます。

 

なぜなら、その場しのぎの小手先のテクニックで、一時的にストレスの解消をしていたとしても、ストレス耐性やストレス回避性が向上していなければ、別の理不尽に対してストレスを感じてしまうからです。(同じことを繰り返すだけです...)

 

例えば
仕事で起こった理不尽な出来事に対してストレスを感じたとします。

ストレス解消のために小手先のテクニックを使ったとしても、理不尽な事に対してストレスを感じるという根本的な部分は変わらないですよね。

もし、理不尽な出来事によるストレスから解放されたいのであれば、理不尽に対するストレス耐性や回避性を高めていく必要があります。

 

shun
ストレスという感情を対処するのではなく、ストレスが生まれる原因を見つけよう!

 

 

 

向き合うべきは【理不尽=ストレス】という感情

理不尽に対するストレス耐性を向上させるためには、『なぜ理不尽によってストレスを感じたのか?』という自分の感情に向き合う必要があります。

 

勘違い
多くの人は、『理不尽によってストレスを感じた』とイコールで結びつけてしまいます。

しかし、【理不尽=ストレス】という解釈で止めてしまっては意味がないですし、非常にもったいないです。

 

根本的な解決をするには、『自分のどんな感情が理不尽とストレスを結びつけているのか?』を考えていく必要があります。

 

 

この感情の部分は人によって異なりますが、多くの人に見られるのは、『今の仕事にしがみついている・辞められない』という想いや固定概念です。

 

このような人には、働いている会社を辞めたら生活ができないという想いがあるため、『理不尽なことをされても耐えなければいけない』と感じてしまいストレスで悩むという無限ループに陥ってしまいます。

 

shun
このような場合は、会社に依存している状態から脱却する必要があります!

 

 

 

仕事の理不尽をストレスに感じないためには自立したスキルを磨こう

理不尽をストレスに感じないためには、自立したスキルを磨く必要があります。

上記の例でも解説しましたが『この会社で働かなければ』という想いが強いことで、理不尽に対してストレスを感じやすくなってしまうため、ここから脱却する必要があります。

 

例えば
収入面で考えると、自力で稼ぐスキルがあり会社以外からも収益が入ってくれば、会社に依存している状態ではないので、理不尽に対してもストレスを感じにくくなります。

もし、会社以外から、毎月30万円の収入が入っていれば「この会社にしがみついてでも働かないと...」という想いは強くならないですよね!

 

もし今のあなたが、働いている会社に対して「しがみついてでも働かなければ」と頭で思っていなかったとしても、心の深い部分ではこのように感じている可能性は高いです。

 

自分が本当はどう感じているのかは、自分の内側をしっかりと見つめなければ見えてこない厄介な部分です。

 

そのため、まずは自分が理不尽だと感じる感情と向き合い、自分が会社に依存している場合は徐々に脱却していくと、仕事での理不尽によってストレスを感じる回数が減っていきます。

 

 

上記では、分かりやすいように収入面の例を挙げましたが、収入だけでなく人間関係などのコミュニティでも同様です。

会社の人間だけが自分のコミュニティになってしまうと、職場の人間関係に依存してしまうので注意が必要です。

 

この場合も、会社以外に趣味の仲間や飲み仲間などを作れば、職場だけに人間関係を依存せずに済みますよね!

 

 

まとめ

仕事での理不尽がストレスに感じる場合の解決方法についてお伝えしてきました。

 

仕事でのストレスに悩んでググってみると...

 

ネット上に溢れている情報
・気にしない
・真に受けない
・相手に対する解釈を変える

などの小手先のテクニックが多い印象を受けます。

 

これらの方法を使うことで、一時的に解決できる場合もありますが、理不尽に対してのストレス耐性が低いという状態からは脱却できていないため、理不尽な現象に対しての免疫は低いままです。

 

もし本当に、理不尽によるストレスから脱却したいのであれば、上記で紹介した方法を使って自分を見つめ、会社に依存している部分から脱却するためのスキルを今から磨きましょう!

 

shun
今後の自分を守れるのは、今日の自分だけです!

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事