継続するにはスモールステップと習慣化がコツ【継続は強力な武器】

あなた
継続するのが苦手
どうしても途中でやめてしまう
チャレンジはしてるけど続かない
継続できないから結果が出ない...

このような悩みに答えていきます。

 

僕自身、小学生の頃から10年間サッカーをやり続けたり、高校生の頃は毎日部活の練習後にリフティング500回やっていたり、と継続力は割とある方です。

ちなみに、ブログに関しては毎日更新と5記事追記を300日以上継続しています。

 

ここからは、継続が得意な僕が「継続できない」と悩むあなたへ、継続するために重要な『習慣化と目標達成の技術』についてお伝えしていきます。

 

継続するには技術を使おう【継続できないは破壊すべき】

継続できない人は、継続するための技術を上手に使いましょう。

多くの人が継続できない原因を、自分の意志が弱いからだと決めつけてしまう傾向にありますが、この考え方は自分のメンタルを下げるのでオススメできません。

 

そもそも、継続する力というのは、1つのスキルに過ぎません。

 

そのため、継続するための技術をしっかりと学んで実践していくことで、誰でも継続力を身につけることができるのです!

 

例えば

僕のサロンに、ダイエット目的で来ていたお客さんが、気づいたらお菓子を食べてしまいダイエットを続けられないと悩んでいました。

そのため、この記事で解説している継続の技術をお伝えして実践してもらいました。

すると、その方は3ヶ月でウエストがマイナス10cm減り、目標を達成することができたと喜んでいました!

 

このように、継続の技術はどのような分野にも応用することができますし、結果を出すためには力強い味方なのです!

 

 

 

継続できないと悩む3つの理由

上記では継続する力は技術だとお伝えしましたが、その具体的な方法論を解説する前に、継続できない3つの理由についてお伝えしていきます。

もし、初めから継続できない理由を知っていれば、行動を開始する段階で避けることができますよね。

shun
継続しやすい環境を作るためには重要な要素になるので、しっかり理解してください!

 

課題が大きすぎると継続できない

課題が大きすぎると継続することができません。

なぜなら、その人が毎日できる負荷量の行動でなければ、継続することはできないからです。

 

例えば

筋トレをやっていない人に対して、『毎日、腕立て・腹筋・背筋を100回ずつやりましょう!』と伝えたところで、継続するのは非常に難しいですよね。

もしかしたら、2日くらいはできるかもしれませんが、『筋肉痛だから今日は休もう!』となってしまえば、そのまま継続できずに終了という流れになるのは明らかです。

 

もし、あなたが継続できないと悩んでいるのであれば、継続しようとしている行動の負荷量を見直してみましょう。

 

 

 

自分の力を過信しすぎると継続できない

自分の力を過信しすぎると継続できません。

なぜなら、実際にできる量と自分ならこれだけできるだろうという目測が大きく外れているからです。

目標を高く持つことは非常に重要ですが、毎日継続するのであれば達成できるレベルの目標にする必要があります。

 

また、自分の力を過信しすぎると、他力を借りることに抵抗感があり、他人や環境の力を使って継続を促すことができません。

 

shun
環境に入ったり、他人の力を利用することは、継続させるための強力な武器になります!

 

例えば
もし筋トレサークルに入ってしまえば、自分一人で毎日筋トレをするよりも継続力が高くなり、目標であるムキムキなボディを手に入れることが出来ますよね!

 

このように、他力や環境の力を利用すると、比較的容易に継続することができます!

 

 

 

目的が不明確だと継続できない

あなたの目的が不明確だと、継続することができません。

なぜなら、『この行動を継続した結果、何が得られるのか?』というのが明確になっていないからです。

 

人間の行動原理として、『痛みを避けて快楽を得る』というものがありますが、痛みや快楽が明確でないと影響力は薄くなります。

 

例えば
『あなたの部屋にある箱を、毎日10回持ち上げたり降ろしたりしてください』
と、言われたとしても、行動の意味が感じられないので、やる気は全く起きないですよね。しかし、『箱の上げ下げを1ヶ月続けられたら100万円あげます!』と言われたら?
ほぼ100%の人が、この行動を継続することができるはずです!

 

shun
行動の目的を明確にすることは、継続力に影響を与えます!

 

 

 

 

継続するにはスモールステップと習慣化がコツです

継続するには、スモールステップに落とし込んだ行動を習慣化していくのがコツです。

なぜなら、継続できない理由の1つにも挙げましたが、課題負荷が高すぎると行動のハードルが上がってしまうので、継続するために精神力を過剰に使ってしまい行動できなくなるからです。

 

shun
継続するために最も重要なことは『継続したい行動を習慣化』させることです!

 

そのため、自然とできるレベルまで、行動のハードルを落とすことが重要になってくるのです。

 

つまり、目的のための行動を細分化して、スモールステップで習慣化させていくということです。

具体例としては
毎日、本を読むことを継続していきたい場合
『毎日、本を読むこと』が継続できないのであれば、【読む本に手で触れる】という部分まで細分化して、習慣に落とし込んでいきます。本を触れることが習慣化されれば、あとは読むだけなので比較的スムーズに本を読むことが習慣化され継続することができます。

この方法のポイントは、もし本を読めなくても『本に触れること』ができれば、目標は達成しているという部分にあります!

 

このように、目標としている行動を細分化させて、スモールステップを習慣化させることで、継続することは容易になっていきます。

 

僕自身、ブログ記事を毎日更新していますが、今日はキツいなーと思っていても、『とりあえずタイトルだけでも書く』ということが習慣化されているので、無理なく継続することができています。

 

今では、毎日更新自体が習慣化されたので、記事を書くことが日常になっておりストレスフリーな状態でライティングができるようになっています!

 

shun
『人間は習慣の奴隷である』と言いますが、良い習慣の奴隷はオススメですよ笑

 

このようにモチベーションに依存しない仕組みを作ると効果的です。
≫ モチベーションが下がると結果が出ないは嘘【基準値が全てです】

 

 

 

まとめ

継続するにはスモールステップと習慣化が重要だというテーマで解説してきました。

多くの人が、継続する重要性を知っていながら、実際に継続することが出来ていないのが現状です。

 

上記でもお伝えしましたが、継続できないのはあなたの精神力が弱いからではありません。

 

単純に、継続させるための技術を知らないだけです。

 

今回の記事でお伝えした、継続するためのコツをマスターすれば、あなたの継続力がアップして、自分の達成したい目標をクリアすることができるはずです!

 

shun
目標達成のために習慣化すべきことを考えるのが最重要です!

 

 

ちなみに、習慣化は意志力と密接な関係にあります。
意思と意志の違いは?副業で稼ぐなら意志力を鍛える方法を知ろう!

 

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事