SEOライティングの初心者は書き方よりユーザー目線【最強のSEO対策】

あなた
SEOって難しそう
記事を書いてもアクセスが集まらない
SEOライティングってテクニックでしょ?
ライティングの書き方が分からない
初心者だからテクニックを勉強しないと...
記事の上位表示がされない

このような疑問に答えます。

ここからは、SEOライティングにおける重要な考え方や、初心者が意識すべきライティングの型について解説していきます。

 

動画でも詳しく解説しています!

SEOライティングの初心者は書き方よりもユーザー目線が大事

SEOライティングの初心者は、テクニックの書き方よりもユーザー目線が重要です。

なぜなら、Google自身が『Googleが掲げる10の事実』でユーザーファーストを公表しているからです。

 

さらに、アルゴリズムやSEO対策は毎月変化しますが、『Googleが掲げる10の事実』は理念のようなものなので、今後も変わることはありません。

 

もしあなたが、SEOライティングのテクニックに走ってしまい、ユーザー目線を欠いた記事を書いていると、毎月行われているGoogleのアルゴリズムのアップデートに巻き込まれてしまいます。

 

そもそも、企業というものは、理念を元にして成長していくものなので、結局はユーザー目線を第一に考えて記事を書くことが、Googleのアップデートにも耐えうる最強のSEO対策になるのです。

 

 

最近のGoogleアドセンスやアドワーズを見ていると感じますが、以前に比べてGoogleのAIはどんどんと進化しており、個人最適化が進んでいます。

 

現時点では、Googleのアルゴリズムの隙間を狙ってサイトの評価を上げているケースも見かけますが、今後のAIの発達を考えると、コスパが悪いように感じます。

個人的には、初心者のうちだからこそ、テクニックに走るのではなくユーザー目線を大事にしてコンテンツを作っていくことをオススメします。

 

それに、ユーザー目線を持っていれば、SEO対策のテクニックを使うときにも、より効果を発揮することができるはずです!

shun
SEOテクニックをうまく使うためにも土台が重要です!

 

ここが理解できていると、キーワード選定も上達します。
≫ ロングテールキーワードは選定方法より考え方が大事【初心者必見です】

 

 

 

ライティング初心者のためのユーザー目線の作り方【最強のSEO対策】

ライティング初心者の場合は、検索意図からたった一人の悩めるユーザーを考えると価値の高いコンテンツを生み出すことができます。

 

なぜなら、不特定多数のユーザーが存在するネットにおいて、全ての人を狙った記事を書くと、Googleから量産型記事と判定されて上位表示されるのが難しいからです。

ということで、ここからはユーザー目線の作り方を解説していきます。

 

狙うキーワードで上位記事を分析【序文が大事】

狙っているキーワードで、上位表示されている記事を分析するときは序文が重要です。

なぜなら、序文はユーザーがその記事を読むかどうかを決める重要な部分だからです。

そして、多くの記事では序文を見ることで、どんな悩みを持っているユーザーに価値を提供する内容になっているのか?という部分を分析することができます。

 

つまり、あなたが狙っているキーワードで上位表示されている記事の序文を分析することで、あなたが狙うべきターゲットが明確になっていくのです。

 

ターゲットのユーザーの属性を分析したら悩みを洗い出す

狙っているキーワードがターゲットにしているユーザーの属性を分析したら、そのユーザーが他にはどんな悩みを持っているのか?を洗い出していきましょう。

そのユーザーの気持ちになって考えてもいいですし、知恵袋などのQ&Aサイトをリサーチして、同じような悩み調べるのもオススメの方法です。

 

単純に上位表示されている情報をひたすら網羅するよりも、ユーザーの悩みに答える形で情報の網羅性を高めていく方が、ユーザーにとっては価値がありますし満足度も高くなります。

 

 

ユーザーの潜在的な悩みは追記か内部リンク【余裕があれば】

ユーザーの潜在的な悩みは、あらかじめ予測して追記するか内部リンクを設置しましょう。

なぜなら、ここまではユーザーの顕在的な悩みに対して記事をライティングする方法を解説してきましたが、あなたの記事を読んで悩みが解決したことで、新しい疑問が生まれることにも対応する必要があるからです。

 

例えば
「山手線の昔の名前は?」という疑問を持ったユーザーが、あなたのサイトで「山手線の昔の名前は省線(しょうせん)」ということを知った場合、このユーザーは次に「省線ってなに?」「なんで山手線になったの?」と次の疑問が湧いてくることが予測できます。

 

このように、検索して疑問が晴れた結果、新しく生まれるであろう疑問に対しても答えを用意しておくと、ユーザーにとっては非常に価値があり良いコンテンツだと思ってもらえますよね。

shun
ユーザーのことを考え抜いた記事は強い!

 

 

 

ライティング初心者はユーザーのために書き方を理解【型を覚えよう】

アドセンス審査 合格

ライティング初心者は、ユーザーのために書き方の型を覚えましょう。

なぜなら、せっかく良い情報を提示していても、ユーザーが読みにくい文章だと感じると、読まれなくなってしまうからです。

 

例えば

ユーザーが読みにくいと感じる文章の代表例としては、学術論文などがあります。

学術論文自体は、論理的に文書が展開されており、分かりやすくなっているのですが、多くの人は読む機会が少ないため、学術論文のような硬い書き方をすると読み手にとっては非常に読みにくい文章になってしまいます。

 

僕自身は、職業がら学術論文を毎日読んでいるので、読みにくいとは感じませんが、読み始めたときは非常に読みにくいと感じたのを覚えています。

 

そのため、ライティングの初心者が、ユーザーが読みやすい文章の型を覚えると効率よく読みやすい文章を書くことができます。

【読みやすい文章の型はPREP法】
・Point   :結論や主張
・Reason  :理由
・Example:具合例(かなり重要)
・Point   :結論や主張

 

この順番で、ライティングをしていくと読み手がイメージしやすいので、初心者のうちでも比較的読みやすいライティングになります。

 

多くのブログをリサーチしていると、この型を使っている印象を受けます。

 

shun
特に具体例の部分は、他のブログと差別化を図れるので重要ですよ〜。

 

 

 

まとめ

SEOライティングにおいて重視すべき考え方について解説してきました。

初心者のうちは、SEOのテクニックを調べまくってしまうと思いますが、SEOテクニックというのはユーザーの悩みを考え抜いてコンテンツを作れる人が補助で使うべきものです。

 

初心者のうちから、テクニックのみに走ってしまうと、Googleのアルゴリズムに破滅させられるの注意しましょう。

 

稼ぐために必要なのは、テクニックで一時的に上位表示させたブログよりも、ユーザーの悩みを十分に解決できるリサーチ力やコンテンツの作成力です。

 

shun
ずっと稼ぎ続けたいのであれば、後者を伸ばすことをオススメします!

 

お金を稼ぐのは価値提供が原則だと腑に落としましょう!
≫ ブログで副収入を稼ぎたい?経済の仕組みを考えれば価値提供がキモです

 

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事