20代で生きる意味に悩んでる?人生を見つめ直すチャンスと捉えよう

あなた
社会人になった生きる意味を考え始めた
なぜ生きているのか分からない
生きる意味を知りたい
自分は生きている意味があるのか
20代ってみんな生きる意味で悩んでる?

このような疑問に答えます。

ここからは、生きる意味について悩んでいる方に対して、実はその悩みがチャンスだったということについて解説していきます。

20代で生きる意味に悩んでる?人生を見つめ直すチャンスです

20代で生きる意味に悩んでいるとしたら、人生を見つめ直すチャンスです。

なぜなら、多くの人が日々の忙しさによって『自分の生』について考えることはないため、生きる意味について悩むことで自分を深く知るきっかけになるからです。

 

例えば
生きる意味について考えるということは、今まで生きてきた自分の過去を振り返ることになるので、必然的に自分の人生を見つめ直すことになります。

すると、今まで生きていた自分が何を考え、どんな選択をしてきたのか?という部分が見えてくるので、自分を深く知ることができるのです!

 

自分の人生を見つめ直すことは、生きている上で何を大事にしているのか?という部分が見えてくるので非常に重要です。

 

shun
20代でそこに気づけるって価値があると思いませんか?

 

 

 

20代で生きる意味について悩む人は少数派【気づいた方が有利】

20代で生きる意味について悩む人は少数派です。

なぜなら、20代のうちは仕事が忙しかったり、結婚や出産などの人生における転換期がいくつも存在しているので、自分の内側に意識が向くことがあまりないからです。

 

例えば
自分の周りにいる20代の友人に対して、「生きる意味ってなに?」と尋ねてみてください。

きっと、「お前大丈夫か?」と心配される結果に終わるはずです笑

僕自身も、生きる意味について考えたことがありましたが、同世代とこれについて話ができたことはなかったです...

 

多くの人が、生きる意味について悩んでネガティブな方向に考えてしまいますが、個人的には20代で生きる意味について考えておくことは、今後の人生にとって大きな影響を与えるように感じています。

 

それは、『生きる意味が明確になるから』という理由ではなく、過去の自分を振り返ることで自分について深く考えるきっかけになるからです。

 

 

もっとも近くて理解できない関係が夫婦と言いますが、僕はもっとも近くて一番理解できていないのは自分自身だと思います。

 

そのため、今までの人生で、自分が何を基準に選択をしてきたかを明確にすることは、これからの人生の方向性を決めるためにも重要です!

 

shun
生きる意味について悩んだら一歩有利ですよ!

 

 

 

人間が生きる意味は生物学的にはない【自分で意味を定義しよう】

地球規模で考えれば人間が生きる意味はありません。

僕が生きる意味について考えたり、過去の哲学者などの文献を読んだ結果、『人間が生きる意味はそもそもない』という結論に至りました。

 

例えば
地球というプラットフォームにおいて、植物は二酸化炭素を酸素に変えて空気を循環させる役割があります。

これに対して、昆虫や動物(人間の除く)というのは、ピラミッド状の食物連鎖になっており、相互依存によってお互いの命を繋いでいます。(子孫繁栄)

人間だけが地球というプラットフォームを汚し、廃棄物質を垂れ流したり絶滅危惧種を大量発生させたりして、この循環に悪影響を与え続けていますよね。

 

ここを考えると、人間という生物自体には生きる意味というのはないのではないかと考えてしまいます。

 

 

しかし、

 

あなた
生きる意味なんてないなら生きなくていいのか?

と言われるとそうではなくて。

 

人間のいいところは、『生きる意味を自分で設定することができる』ということだと思います。

 

つまり、どんなことに対して、意味を見出して生きても自由ということです!

 

例えば
新種の昆虫を見つけることに意味を見出しても
世界一美味しい料理を作ることに意味を見出しても
世界を変える企業を作ることに意味を見出しても
宇宙の理を暴くことに意味を見出しても
仏教に入信して悟りを開くことに意味を見出しても

 

要するに、人間が生きる意味というのはそもそもないのだから、自分で生きる意味を設定してしまえばいいということです。

 

shun
偉大な経営者たちが語っているビジョンがまさに生きる意味です!

 

 

 

生きる意味について考えると目的が明確になって行動力が爆発する

生きる意味について考えると、目的が明確になって行動力が爆発します。

なぜなら、生きる意味について考えて『自分なりの生きる意味』を見つけるということは、その人のビジョンや人生をかけて達成すべき目的が明確になるということだからです。

 

自分の人生において重要なことが見つかれば、モチベーションなどは無関係に行動力が爆発しますよね!

 

例えば
自分の子供の命は、人生において重要事項ですよね。

もし、我が子が川で溺れていたら迷うことなく飛び込んで助けに行くはずです。

溺れているのをみて、「濡れるしモチベーション湧かないなぁ」と思うことはあり得ないはずです!

 

このように、自分にとって重要なことであれば、モチベーションなどは無関係であり勝手に体が動いてしまうのです。

だからこそ、生きる意味について考えて、自分の人生における重要事項に気づくことができれば、行動力が爆発するということです!

 

ただ、生きる意味なんて経験によって変わってくるものなので、日々アップデートしていくようなものと捉えると気が楽になると思いますよ。

 

shun
生きる意味は行動力に直結しています!

 

 

まとめ

20代の生きる意味について考えてきました。

今回は僕自身が、過去に生きる意味について興味を持って考えていたので、この視点からお伝えさせて頂きました。

 

同じ生きる意味というテーマでも、「生きているのが辛い」という視点から生きる意味を考えている人もいると思いますが、アプローチは違えど根本的には同じような結論に至ると思います。

 

もし、あなたが『自分は生きる意味がない』と悩んでいるとしたら、"そもそも全ての人間が生きる意味はない" ということを思い出してください。

 

そんな中で、生きる意味を探したり見失ったりして人間は生きているわけです。

 

shun
生きる意味について悩む時点で一歩リードしてるからのんびり考えよう!

 

 

 

もし、この記事への質問やご自身のビジネスに関するご相談などがあれば、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

ありがたいことに、たくさんの方々からメッセージを頂いているのですが、24時間以内に返信できるように頑張ります。笑

ただ、もしあなたが、

あなた
メールだと堅苦しいぜぇ..

 

などと感じるのであれば、直通のLINEでもいいですし、ChatWorkでも受け付けてるので、どちらかにメッセージを頂ければと思います。

ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)

裏メルマガ&豪華レポートの無料配付はこちら

ここからは、僕の裏メルマガへのご案内です。笑

僕自身、今では色々なテクニックを試したり回り道をしたことで『長期的に考えると王道が最強』ということに気づいたわけですが、常に上流の情報に自己投資しまくっているため、ブログで公開できないような非道徳な心理学などの情報も多く持っています..

 

例えば
・50年前に医学界から消された脳科学者による極秘情報
・2日で60万円のビジネスセミナーで入手したお金の真実
・脱洗脳のカラクリを応用したマインド支配メソッド

・知らなければ死ぬまで気づけない透明テクニック
・月収12億円の詐欺師が使っていた闇のマーケティングetc..

 

これらは極一部ですが、どれもブログで公開することを躊躇してしまう情報です..

僕としては、これらの情報をあなたが悪用するとは思っていませんが、土台となるマインドセットが構築されていない状態で非道徳なテクニックを使ってしまうと、ダークサイドから抜け出すことが出来なくなってしまうことを考えて、ブログでは公開していないわけです。

shun
土台作りは稼ぐための最短ルートです。

 

だからこそ、メルマガというツールを使うことで、基礎となるマインドセットから正しい順番で伝えていくことができれば、文章に触れているうちにダークサイドに落ちることなくビジネス戦闘力が爆上がりすると考えたのです。

※ このメルマガでは僕が過去に作ったPDFレポートも無料配布しています⬇︎

 

ちなみに、僕はこれまでに1000万円以上の自己投資をしていますが、僕の最大の強みは情報の質と量ではなく、理学療法士として数千人以上の行動やモチベーションをサポートしてきたので、『どうすれば人が動くのか?』という部分が、机上の知識ではなく実体験として分かっているということです。

だからこそ、

shun
メルマガに触れるだけでビジネス戦闘力が上がるわけです..

 

まぁ、偉そうなことを言ってますが、周りにいるエグい億万長者たちと比べたら僕はゴミカス以下なので、裏メルマガに参加してくれた人たちとコミュニケーションを取りながら一緒に進化していきたいってのが本音です。笑

ということで、ネットビジネスの戦闘力を上げて、自由に稼ぎたい人は裏メルマガに参加してみてください⬇︎

 

1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事