正社員がつまらない?定年神話は終焉しました【稼ぎ方は自由です】

あなた
正社員に疲れてきた
責任が重いけど割に合わない
給料が安いのに長時間労働
正社員が安定の時代は終わった
自分で稼ぎたい気持ちがある

このような悩みに答えていきます。

ここからは、正社員がつまらない理由や解決方法について解説していきます。

正社員がつまらない?定年神話は終焉です

これだけ時代が変わっても、日本ではアホみたいに同じ服装で一斉に就活をしているのが現状です。

なんとなく入社した会社で数年働くと、「つまらない」「一生この生活は嫌だ」「自由になりたい」「労働時間が長い」「給料が安い」などと、自分で希望して入社したにも関わらず不満が爆発してきます...

 

僕は20代ですが、おそらく僕たち世代の少し上くらいから、この傾向が強くなってきた印象があります。

 

そして、最終的には『会社員はつまらないから辞めて起業したい』と言い出したりします。

 

確かに、時代の流れやこれからの労働形態の変化を考えると、定年まで1つの会社で働くという神話は崩壊しているので、定年神話を信じている人は考えを改めるべきです。

 

原発神話によって、日本が大ダメージを負ったように、神話は神話に過ぎず現実ではありません。

 

人は自分が見たいようにしか世界を見ることができない生き物です。

あなたが定年神話から目をそらしたとしても、神話の崩壊はあなたの真後ろまで迫ってきているのです。

 

shun
定年神話は終わりなので次を考えよう!

 

正社員がつまらない3つの理由【現実を見よう】

正社員がつまらないと相談すると、多くの場合は「今やめて何ができるんだ!」「3年は働かないとダメだ!」などと、謎の理論を展開してきますが、そのほとんどは人から聞いただけの情報であり、生きた情報ではありません。

 

謎のアドバイスはフルシカトでOKですが、自分が『なぜ正社員を辞めたいのか?』という部分だけは明確にしておくべきです。

ということで、ここからは正社員がつまらないと感じる理由や背景について解説していきます。

時間的な拘束が厳しい【時間は有限です】

正社員の場合は、無駄な会議や残業などによって時間的な拘束を受けます。

これは、就職する時の契約で労働時間と休日の日数を決められているので、仕方のないことですが、時間とは命の次に大事な資源です。

 

もし、あなたが月収100万円だとしても、お金を使う "時間" がなければ意味がありません。

 

例えば

僕は病院で働いていましたが、同世代の外科医が『お金はあるけど時間がない』と嘆いていたのを覚えています。

その結果、彼は欲しくもないベンツを買っていました。

時間がないから、『せめて毎日使えるものにお金を使った』と悲しそうな顔で言っていました...

 

このように、お金があったとしても時間がなければ人生は豊かになります。

 

多くの人がお金に価値を感じていますが、実はお金(紙幣)そのものに価値はありません。

 

この辺りはお金の歴史を考えると、現在の不換紙幣が理解できるのですが、長くなるのでこの辺りは別の記事で解説します。

 

shun
時は金なりは嘘!【時はお金以上です】

 

 

稼ぐ力は育たないし給料も安い【誰得ですか?】

正社員として会社で働いていると、自分の力だけで稼ぐ力は養われません。

これは、正社員に限らず非正規雇用でも同様のことが言えますが、雇われるということは会社のパーツの1つとして組み込まれるということにになります。

 

会社という組織に属している限り、仕方のないことですが『パーツの1つ』という認識がなく適当に働いていると、全体像が見えずに一生パーツとして仕事を終えます。

 

その結果、市場に出てみたら『価値の構築から提供が全くできない』という事実に直面し、1円も稼げない人材が誕生するのです。

 

 

『もっと稼ぎたい!豪華に暮らしたい!』と思っているのであれば、今すぐに自分の市場価値を確認してください!

 

 

ツイッターなどで情報発信をすれば、『フォロワー数』や『いいね』、『インプレッション』などで、ざっくり数値化できるので試してみてください。

 

shun
発信内容がない人はマジで危険です!

 

 

人間関係がうざい【無駄な年功序列】

最近では成果主義の会社も増えてきましたが、年功序列の制度は根強く残っています。

日本の文化やこれまでの歴史を考えると、年功序列という制度がなくなることはないと考えられます。

 

口先では実力主義と言いつつも、お得意の忖度や空気読め圧力によって年功序列になることは目に見えています。

 

年上を敬うのは当たり前ですが、仕事の実力とは無関係のことです。

年齢が上の方が経験豊富でありスキルが高いと思いがちですが、これは全くの別問題です。

 

例えば

収入面で言うと、今は高校生ですら月に100万円を稼ぐ時代です。

これに対して、50代でも年収300万以下の人もいるのが現実です。

30年以上も会社で働いてきた人の年収を、高校生が3ヶ月で稼ぐのです。

このように、経験とスキルは別問題なのです!

 

上記の例は少し極端かもしれませんが、このようなことは至る所で起こっていますし、これからはさらに増えていきます。

 

今後はIT化が進んでいくので、このような格差はますます広がっていき当たり前の光景になっていきます!

 

shun
年齢が高い方がハンデな時代の到来です!

 

 

 

 

正社員がつまらないなら自力で稼ごう【新時代へ】

ここまで、正社員がつまらない理由について、僕なりのフィルターやこれからの時代を交えて解説してきました。

もしあなたが、正社員がつまらないと感じていたとしても、今すぐに正社員をやめる必要はありません。

 

上記でも言いましたが、まずは自分の市場価値を見極めることから始めるべきです!

 

幸運にも、僕たちが生きている現代は極めて稼ぎやすい時代です。

 

その中でも、インターネットビジネスは経費がほぼゼロなので、ノーリスクで稼ぐチャレンジをすることができます!

 

例えば

ブログ、SNS、YouTubeなど、様々なプラットフォームや媒体を使って稼ぐことが可能です。

僕自身が体質改善のサロンを経営しているので、経費がかからないビジネスはマジで強いと実感しています。

もし、あなたがブログを書いて利益が出なかったとしても、大きな赤字になることはありません。

それに比べて、サロン経験の場合は、お客さんがゼロだとテナント料や光熱費など稼働コストがかかってくるので、赤字を垂れ流してしまうのです。

 

このように、リスクゼロで挑戦できる時代なので、誰にとっても稼ぎやすい時代と言えるのです!

 

shun
ダラダラ悩まず市場に出よう!

 

 

強メンタルなら仮面社畜もOKです【スキルを盗め】

もし、あなたが強メンタルの持ち主であれば、仮面社畜に変身するのもOKです。

 

仮面社畜とは

会社で働きながら、自分らしく働く人のことを指しています。

自分の仕事ではない業務を押し付けられたら、全力でシカトするのは当たり前です。

前提として仕事が出来なければ難しいかもしれませんが、会社内で自分の会社を経営するくらいの勢いで仕事をすると合法的にスキルを盗めます。

 

自分軸を持って仕事をしている仮面社畜とは反対に、ガチの社畜のままではストレス過多なので市場に出るのも大変です。

 

 

もしかして、ガチの社畜になっていませんか?

 

こんな人は要注意
□ どんなに熱が出ても出勤する
□ 休日でも会社から電話がかかってくる
□ お金や生活のために仕方なく働いている
□ 仕事のあとの飲み会につきあわされることが多い
□ 今の職場は不満があり嫌だが転職する勇気はない

 

3つでも当てはまっていれば、あなたも立派な社畜です!

 

ちなみに、僕が会社員だった頃は、無意味で無駄な飲み会(グチ大会)は全て断り、謎に長い会議は理由をつけて途中退出していました。

 

 

もしかしたら、『そんなことできない!』と思うかもしれませんが、仕事をチキンとやっていれば文句を言われることもありません。

 

そもそも、業務以外で会わないので小言など聞こえません笑

 

shun
会社の中で勝手に社長になろう!

 

 

まとめ

会社員がつまらない理由や対策を、僕なりのフィルターや時代の流れを絡めて解説してきました。

 

会社員としてがっつり働いている人にとっては、摩擦を感じた部分もあるかもしれませんが、世界の流れや時代を考えると "個人のスキル" によって大きな格差が生まれるのは変えようのない事実です。

 

もしあなたが、会社員はつまらないと感じており『人生をもっと良くしたい』という向上心を持っているのであれば、個人のスキルを磨くべきです。

 

 

どんなスキルでもいいですが、個人で稼げるスキルを身につけると、人生に余裕が生まれるのは間違いないです!

 

shun
まずは自分の市場価値を確認しよう!

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事