サラリーマンはなぜつまらないのか?辞める前に〇〇に挑戦しよう

あなた
サラリーマンに飽きてきた
会社員でずっといるのは嫌
仕事に飽きたから変えたい
フリーランスに興味がある
つまらない仕事をしたくない

このような悩みに答えていきます。

ここからは、サラリーマンのつまらないについて考えていきます。

もし、あなたがサラリーマンはつまらないから辞めようと考えているのであれば、この記事が1つのアイディアになると思いますので、最後までご覧ください。

サラリーマンはなぜつまらないと感じるのか?

サラリーマンとして会社で働いて5年...

『このままサラリーマンとして生きてていいのか?』と、思うことがあるのではないでしょうか?

 

このように感じる背景は、"サラリーマンはつまらない、刺激がない" と思っているのかもしれません...

 

僕の昔からの友人たちも、「給料が少ない」「仕事に飽きた」「面白いことをやりたい」など、サラリーマンに対して不平不満を言っているのを耳にします。

 

このような声は、SNSやネット上の掲示板や質問箱でも目にするので、多く人が同様の意見を持っていることが分かります。

 

なぜサラリーマンはつまらないと感じるのでしょうか?

 

 

サラリーマンがつまらないと感じる3つの理由

多くの人が不平不満を言っているサラリーマンですが、数年やっている仕事に対してつまらないと感じてしまうのでしょうか?

その理由について考察していきます。

職場の人間関係に気を使いすぎる

サラリーマンとして生きていると、絶対的に存在するのが職場の人間関係です。

職場の人間関係は、僕が経営する体質改善サロンのお客さんの悩みの上位に入ってきており、日々たくさんの悩みを聞いています。

 

僕が話を聞いた中には、『そんなやばい人いるんですか!』というレベルの職場もありました。(ここには書けないです笑)

 

日本人の多くは気を使いすぎる傾向にありますので、そのような職場だとそれだけで疲れてしまいますよね。

 

ストレスや疲れというネガティブな状態は、感情をネガティブな方向に引っ張る傾向にありますので、つまらないと感じる原因になってしまうのです。

 

 

小さくて狭い世界で生きている

サラリーマンとして生きていると、関わる人が同僚や取引先などと限定されてしまいがちです。

長く働けば働くほど、付き合う人間の数が狭くなっていき、どこかのタイミングで生きている世界が非常に狭いことに気づくはずです。

 

僕の場合は、入職して1年ちょっとで世界が狭いと感じました。
治療の勉強会などで、職場外の人達と関わる機会が多かったので、余計に職場の世界の狭さを感じました。

 

気づいていなければ、実感が湧かないかもしれませんが、これに気づくと『自分が小さくなってしまう』という恐怖を強烈に感じます。

 

僕の場合は、ここがサラリーマンを辞めようと思った大きな要因になっています。

 

shun
気づくと強烈なインパクトがあります!

 

 

 

興味がない仕事もしないといけない

仕事だから仕方がないと多くの人が諦めている部分ですが、興味関心のない仕事に熱量を込めることはできません。

好きこそ物の上手なれと言いますが、好きでも興味もないことに全力で取り組めるはずがありません。

 

そのため、つまらない仕事をしなければいけない事態に追い込まれると、それがストレスへと変わり辞めたいという気持ちに...

 

長期的に見れば、自分の成長にプラスになるような仕事であれば納得できますが、形だけで意味のない業務をしていると萎えてきます。

 

例えば
僕の場合は、患者さんの治療業務は好きなので何時間でもできるのですが、誰も読まない意味のない書類業務が本当に嫌いでした。

『意味がない』『誰も読まない』『形だけ』と、分かっている業務に、かなりの時間を取られることに心底ムカついていました笑

 

このように、誰しもが興味や意味のない業務をどこかでしているはずです。

もし、あなたがサラリーマンで『自分の好きな仕事ばかりだよ』という状態であれば、恵まれていると思った方が良いのかもしれません。

 

shun
好きな仕事ができるのは結構幸せです!

 

 

 

 

サラリーマンを辞める前に副業に挑戦しよう

ここまで、サラリーマンがつまらない理由についてお伝えしてきました。

『サラリーマンはつまらないから辞める』という選択肢もアリですが、個人的には辞める前に副業をやるべきだと考えています。

 

これは、"副業で収入を得て経済的な面をクリアにすべき" という部分もありますが、僕としては副業でスキルを身につけてそれを本業で活かして欲しいと思っています。

 

もし、サラリーマンを辞めたとしても、自分が熱中できることが見つからなければ、結局は同じことの繰り返しになってしまいます。

 

例えば
サラリーマンとしてやっていた仕事をつまらないと感じて辞めても、フリーランスになったからといって急に楽しくなる訳ではありません。

もし、フリーランスでもつまらないとしたら、サラリーマンの時のように収入が確保されていないのでメンタル的に厳しい状態に追い込まれます。

 

そのため、まずは副業から始めて自分のスキルを磨いてみて、そのスキルをサラリーマンの仕事に活かしてみてください。

仕事が自分の思い通りになってくると、つまらないと思っていた仕事も楽しくなってくるものです!

 

shun
スキルが足りなくてつまらないだけかも!

 

 

 

 

副業で得たスキルをサラリーマンで応用すると無双です

もし、あなたがサラリーマンをやりつつ副業をしたとして、その副業で収入を得られるようになっていれば、無双状態に突入することができます。

なぜなら、自分個人としてお金を稼げる状態は、会社の歯車としてのサラリーマンよりも段階が1つ上になるからです。

 

そのため、副業で稼いでいるスキルをサラリーマンの仕事に応用すると、圧倒的な結果を出すことができるのです!

 

例えば
サラリーマンとして働きつつ、副業でアフィリエイトに取り組んでいた方の話なのですが。

その会社のweb事業の人が辞めてしまった関係で、急遽その方が会社のHPの運用を任されました。

その方が運用を開始した初月に、アフィリエイトで学んだ知識を使って、会社のHPを少し手直しをしたところ、会社の売り上げが7.2倍になったそうです!

 

このように、副業として学んでいる知識を応用するだけで、あなただけの力で会社の売り上げを数倍に増やすこともできるのです!

 

まさに、無双状態ですよね!

 

ちなみに、上記の方は業務改善の功績が認められて、部長に昇格したそうです。

 

shun
副業でスキルを身につけて会社で無双しよう!

 

 

 

 

サラリーマンがつまらない本当の原因は熱量

サラリーマンがつまらないと感じるのは、あなたの熱量が大きな影響を与えています。

確かに、サラリーマンには色々なデメリットがありますし、辞めたいと思うことがあるのも分かります。

 

ただ、一時の感情だけで判断してしまうと、後悔する可能性も十分に考えられるので、慎重に考えるべきポイントでもあります。

 

もしあなたが、サラリーマンとしての仕事に熱量を感じられないのであれば、自分のスキルを磨いて会社の利益を数倍にしてみてください。

 

自分の思い通りに、仕事の結果を出すことができるようになれば、あなたの熱量をサラリーマンの仕事に注げるようになるかもしれません。

 

 

ただ、逆に言えば、副業をやってみて、サラリーマンとしての仕事よりも熱量を注げるようであれば、即座にサラリーマンを辞めるのもアリです!

 

shun
自分の熱量ポイントを探してみて!

 

 

 

 

まとめ

サラリーマンをつまらないと感じる理由や、辞める前に考えるべきことについて解説してきました。

周囲と同じように会社に就職したけれど、サラリーマンに違和感を感じ始めている人は意外と多いと思います。

 

その感覚は間違ってはいませんが、即断即決をする前に上記でお伝えしたことを試してみてもいいかもしれません。

 

 

自分の隠れた熱量を発見できれば、これからの人生が今までよりも『グッ』と色鮮やかなものになるはずです!

 

shun
熱量を見つけると人生は変わる!

 

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事