アウトプットが苦痛ですか?情報編集力と経験が圧倒的に足りてません

あなた
社内のプレゼンが苦痛すぎる
自分を表現するのが苦手
インプットだけじゃ足りないの?
アウトプットがストレスに感じる
苦痛なアウトプットを克服したい

このような悩みに答えます。

ここからは、アウトプットを苦痛に感じる人が注意すべきポイントや、今後の必須のスキルになる情報編集力について解説していきます。

アウトプットを苦痛に感じる人は要注意【時代に置き去りです】

社会人は社内プレゼンや朝礼での挨拶など、軽いものから重たいものまで、アウトプットを求められる機会は多いと思います。

一昔前に比べて、日本でもアウトプットの重要性が高まってきています。

しかし、『アウトプットは苦痛だ』と、アレルギーを持っている人も少なくないと思います。

 

今までは、アウトプットが苦痛だから逃げていたかもしれませんが、これからはアウトプットの重要性がさらに高まっていくので、逃げ続けることはできません...

 

 

さらに言うと、もしあなたが今の仕事が辛いので『副業で稼いで独立したい!』と思っていたとしたら、アウトプットが苦痛というのは頸動脈にナイフを当てられてるくらい致命的な事実です。

 

shun
今すぐその状態から脱却しなければ、自力で稼ぐことは出来ません。

 

 

 

 

アウトプットを苦痛に感じる3つの要因

アウトプットを苦痛に感じている自分がいるとしたら、そこには何らかの要因が隠されています。

アウトプットを苦痛に感じる自分を変えたいのであれば、まずは苦痛に感じている要因について認識する必要があります。

脳みそがインプット至上主義に汚染されている

インプット至上主義に脳が洗脳されていると、アウトプットに対して苦痛に感じやすいです。

これは、特に30代以降の世代に多いのですが、少し前の学校教育では完全なるインプット至上主義でした。

何の意味もない文字の羅列を暗記したり、授業で習ったことを暗記していればテストで点数が取れるという洗脳型の教育システムです。

 

最近では、教育にも徐々にアクティブラーニングなどが入ってはきているようですが、20代以下の世代のアウトプット力を育てているのは、SNSの台頭によるものです。

 

若い世代の思考力が低い人は、バカッターのような意味不明な現象を起こしてしまいますが、アウトプットアレルギーを持っている世代に比べると、成長速度が圧倒的です。

 

 

アウトプットが苦手な方は、即座にインプット至上主義の価値観を変更しないと、時代に置いて行かれます!

 

shun
インプットよりアウトプットを重視せよ!

 

 

 

 

他人の目を気にしすぎ【誰もあなたに興味はない】

アウトプットを苦痛に感じる人が持っている謎の固定概念として、『こんなこと言ったらどう思われるかな...』という気持ちです。

アウトプットが苦手は人の中には、『インフルエンサー気取りですか?笑』というレベルの考えを持っている方もいます。

 

冷静に考えてください、誰もあなたの発言に興味を持ってないのが真実です。

 

ネット上のあなたの影響力は『0』だと思ってください。

*キチガイなことをアウトプットしていれば、ネガティブな影響力を発揮しますが、大人ですからこの辺りの線引きは自分で出来るはずです。

 

他人の目を気にして、アウトプットを控える理由は1つもありませんので、積極的にアウトプットしていきましょう!

 

shun
アウトプットしてない人の影響力はゼロです!

 

 

 

 

アウトプットする情報量がない【永遠の平社員コース】

ここまで、アウトプットできない要因について解説してきましたが、そもそも情報量がないというのが最もヤバい要因です。

実は、情報は持っているけど、考え方やメンタル面によってアウトプットを苦痛に感じているのであれば、そこまで大きな問題ではありません。

 

しかし、そもそもアウトプットできるような情報量を持っていないとしたら、相当ヤバい状況だと認識した方がいいでしょう。

 

まさに、永遠の平社員コースですし、副業をやっても自力で稼ぐことは出来ないでしょう!

 

この手の場合、アウトプットができないというよりも、インプットすらしていないという部分が最大の問題です。

もしあなたが、今よりも今後の人生を良くしたいのであれば、まずはインプットから始めましょう!

 

shun
永遠の平社員コースから脱却しよう!

 

 

 

 

 

情報編集力がより重要なスキルに【暗記はITへ】

IT化が加速していく今後は、情報編集力が要求される時代になっていきます。

 

情報編集力とは?
ざっくりと言うと、自分の持っている知識・技術・経験のすべてを組み合わせて仮説を考え出すこと。

それど同時に、他者も自分も納得するような仮説を、知識・技術・経験のすべてを組み合わせてどれほど生み出せるかという力のことを指しています。

 

日本の教育は、【1+1=?】といった正解を求めるような、情報処理力を鍛えるものばかりでした。

以前の日本であれば、みんなが統一された労働力を持っていれば、経済が成長したので正解だったかもしれません。

 

しかし、現代の日本はすでに成熟社会に突入しており、正解がたった1つの問題なんて存在していません。

加えて、IT化のビッグウェーブも来ているので、余計に1つの正解を暗記するようなスキルは不要になってきています。

 

そんな時代だからこそ、他人と自分が納得できるような情報編集力が必要になってくるのです!

 

shun
鍛えるべきは暗記力ではなく情報編集力!

 

 

 

これからの時代は、アウトプット力と情報編集力が必要だと言うことをお伝えしてきました。

アウトプット力を高めるのは経験しかありませんが、情報編集力はどのように磨いていけばいいのでしょうか?

 

 

情報編集力を高めるのは適切な質問【思考力と想像力】

今後、必須になってくる情報編集力を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか?

実は、情報編集力を高めるには『正しい質問によって想像力を活用する』ことが鍵になってきます。

 

 

僕たちは、学校教育でただ1つの正解を答えるように "洗脳" を受けています。

そのため、自分の想像力と知識を組み合わせて仮説を生み出すスキルが極端に低い傾向にあります。

 

これは特殊なスキルではなく、訓練をすれば誰でも身につけることができるのです!

 

具体的な方法
【 〇〇 × ▲▲ 】のように、異なる別のもの同士を組み合わせて、新しいコンテンツを生み出す作業をします。

例えば、『車のタイヤ × この世に存在していない』という質問を使って想像していきます。

四角タイヤでも三角のタイヤでもいいので答えを出します。

そして、その答えを自分と相手が納得するように、論理的に編集していく作業をしていくのです。

 

これをすることで、自分の知識と想像力を組み合わせて、情報編集力を高めることができるのです!

 

shun
情報編集力を磨けばIT時代も生き抜けます!

 

 

 

まとめ

アウトプットが苦痛な人のために、これからの時代に必要な情報編集力について解説してきました。

アウトプットする内容がない方は、情報編集力が圧倒的に弱い可能性が高いので、上記で紹介した方法を使ってスキルを磨いてください!

 

 

今後はIT化が進んでいくので、よりアウトプット力と情報編集力が求められる時代になっていくのは間違いないでしょう。

 

 

shun
今のうちからトレーニングしよう!

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事