営業を辞めたいは甘え?やりたくないと結果はでない【早めの離脱を】

あなた
営業職になったけど辞めたい
営業が辛くてハゲそう
転職したいけど上司に怒られた
辛いのは甘えって言われた...
辞めたいのは甘えなの?

このような疑問に答えていきます。

ここからは、『営業を辞めたいは甘えだ!』といってくる人に対して、あなたがどう対応すればいいのか?ということについて解説していきます。

営業を辞めたいは甘え?無理なら我慢する必要なし【新卒でもやめてOK】

営業を辞めたいは甘えではないですし、無理をするくらいであれば我慢する必要はないです。

なぜなら、無理して頑張ったところで圧倒的な成果を出すことはできないですし、後になってから『やっぱり、違う仕事をすれば良かった』と思うことになるからです。

 

例えば

僕の友人で、広告代理店の営業をやっていた女の子は、辞めたいと言いながらずっと営業の仕事をしていました。

その結果、ネガティブな方にメンタルが落ちてしまい、結局は辞めてしまいました。

現在は、昔から興味のあったフィットネストレーナーになって元気に働いています。(ストレスフリーだそうです)

 

このように、無理をしすぎるとメンタルを病む可能性が高いので、我慢をしすぎることは避けるべきです。

特に現代人の食生活は、腸内環境のバランスを崩しやすく、外的なストレスへの耐性が低くなっている傾向にあるので注意が必要です。

shun
仕事よりもメンタルコンディションの方が大事です!

営業を辞めたいは甘えと言ってくる人の心理は押し付け【向いてない人はいる】

営業を辞めたいは甘えと言ってくる人の心理は、ただの押し付けです。

なぜなら、このような人は『自分も我慢しているんだからお前もやれ!』という心理的な作用が少なからず働いているからです。

 

甘えと言ってくる人は、我慢することに慣れてしまっているかもしれませんが、過去には『辞めたい...』と思ったことがあるはずです。(我慢を強要をしてくるバカは無視しよう)

 

例えば
友だち数人で辛い作業をやっているときに、1人だけ「辛いから俺はやらない」と言われたら、『お前ズルイぞ!甘えんな!』って言いますよね?笑
これのパワフルなバージョンが、会社の上司が言ってくる『辞めるとか甘えだから!』という言葉なのです。
仲間内ならギャグですが、会社の上司部下の関係で言われたら厳しいですよね(だいたいは、化石思考で無能な上司が言ってるのでシカトしましょう)

 

まずは、辞めたいは甘えと言ってくる人は、自分の正義を振りかざしているだけと理解しましょう。

もしかしたら、

無能上司
お前のために言ってるんだ!

 

などと、キチガイをかましてくるかもしれませんが、あなたの人生の責任を取れるのは自分自身だけです。(高圧的に言うしか能がないパターンです)

あなたの意見も聞かずに、『お前のために言ってる』と言ってくる上司は、あなたの人生になんの責任もないってのが真実なので、基本的にはシカトが正解です。

shun
嘘に惑わされないように注意しましょう!

営業を辞めたいのは甘えと言ってくる人への対策は無視が最強【ストレスからの解放】

営業を辞めたいのは甘えと言ってくる人への対策は無視が最強です。

なぜなら、その意見に対して自分の想いを伝えたとしても、相手の自己主張が強くなるだけで何も変わらないからです。(無能な相手ほど、もっとウザくなるw)

 

例えば

『営業を辞めたいのは甘えだ!』と言われた時に、あなたがどれだけ論理的に辞めたい理由を伝えようと、相手はあなたの意見を聞く耳を持っていません。

あなたに対して同調圧力をかけたいだけなので、お互いに自己主張をしあっても、状況は何も変わりません。

このような場合は、「営業を辞めたいのは甘えだ」という言葉は静かに受け流して辞表を提出すべきです。

 

ただ、上記のように伝えると..

あなた
本当に心配してくれる人もいるのでは?

 

と思う方もいると思います。

確かに、あなたのことを信じていて、本当にあなたのことを想って厳しく言ってくれる方もいるとは思うのですが、そのような方は、あなたの意見もしっかりと聞いてくれるはずですので、簡単に見分けることができると思います。

だからこそ、

shun
一方的に意見を押し付ける人は基本的に無視でOKです。

営業が嫌なら自分が好きなことを探そう【自分を理解すべき】

営業が嫌なら自分が好きなことを探しましょう。

なぜなら、営業が嫌だから辞めたとしても、次の会社も適当な理由で選んでしまえば、また同じような理由で辞めることになってしまいます。

 

そのため、

shun
自分は何をしたいのか?

 

という部分をしっかりと見つめ直し、自分自身の理解に努めることは非常に重要な行為になります。

 

例えば

自分が何をしたいのか分からないのであれば、『自分が好きなこと』を探してみると良い結果に繋がることが多いです。

もし、『自分が好きなことも分からない』という状態であれば、他人の人生を過ごしているので今すぐに方向転換が必要です。

このような人の多くが、急に思い立ってインドなどに自分探しに行きますが、インドやアメリカに行ったところで自分を見つけることはできません。

 

本当に必要なことは、自分探しの旅に出ることではなく、『何かを選んだ時にその理由を考える』ことを繰り返していき、自分の価値観を把握することです。

例えば、お昼になんとなく選んだメニューなども『なぜこれを選んだのか?』を意識して言語化していくと、自分が何を大事にしているのか?というのが見えるようになってくるわけです。

shun
嫌なら辞めてもいいけど、自分が好きなことを探しましょう。

 

ぶっちゃけ、僕自身も自分がやりたいことが見えてなったわけです⬇︎

≫ 初月で80人を集客したサロンを捨て、ネットビジネスに転向して気づいたこと

まとめ

今回は、『営業を辞めたいは甘え』というテーマについて解説してきました。

基本的に、このような価値観を押し付けてくる人のことは無視すべき相手なんですが、特に会社の上司などは、"自分も我慢している"というネガティブな感情を乗せて、偉そうに押し付けてくるパターンが多いので非常に厄介です。

そもそも論として、その人が我慢して仕事をしていたとしても、そんなことはあなたには1mmも関係のないことなので、

上司
俺もやってたんだからやれ!

 

などと言ってくる上司がいたら、「あっ、こいつは無能で可哀想な奴なんだな..」と思ってればOKです。

本当にあなたのことを想ってくれる人であれば、一方的に『営業を辞めたいは甘え』と言ってくるのではなく、あなたの意見を聞いてくれるはずです。

shun
自己主張でマウントしたいだけの人は無視が正解です。

 

 

もし、この記事への質問やご自身のビジネスに関するご相談などがあれば、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

ありがたいことに、たくさんの方々からメッセージを頂いているのですが、24時間以内に返信できるように頑張ります。笑

ただ、もしあなたが、

あなた
メールだと堅苦しいぜぇ..

 

などと感じるのであれば、直通のLINEでもいいですし、ChatWorkでも受け付けてるので、どちらかにメッセージを頂ければと思います。

ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)

裏メルマガ&豪華レポートの無料配付はこちら

ここからは、僕の裏メルマガへのご案内です(^^)

僕自身、今では色々なテクニックを試したり回り道をしたことで『長期的に考えると王道が最強』ということに気づいたわけですが、常に上流の情報に自己投資しまくっているため、ブログで公開できないような非道徳な心理学などの情報も多く持っています..

 

例えば
・50年前に医学界から消された脳科学者による極秘情報
・2日で60万円のビジネスセミナーで入手したお金の真実
・脱洗脳のカラクリを応用したマインド支配メソッド

・知らなければ死ぬまで気づけない透明テクニック
・月収12億円の詐欺師が使っていた闇のマーケティングetc..

 

これらは極一部ですが、どれもブログで公開することを躊躇してしまう情報です..

僕としては、これらの情報をあなたが悪用するとは思っていませんが、土台となるマインドセットが構築されていない状態で非道徳なテクニックを使ってしまうと、ダークサイドから抜け出すことが出来なくなってしまうことを考えて、ブログでは公開していないわけです。

shun
土台作りは稼ぐための最短ルート!

 

だからこそ、メルマガというツールを使うことで、基礎となるマインドセットから正しい順番で伝えていくことができれば、文章に触れているうちにダークサイドに落ちることなくビジネス戦闘力が爆上がりすると考えたのです。

※ このメルマガでは僕が過去に作ったPDFレポートも無料配布しています⬇︎

 

 

ちなみに、僕はこれまでに1000万円以上の自己投資をしていますが、僕の最大の強みは情報の質と量ではなく、理学療法士として数千人以上の行動やモチベーションをサポートしてきたので、『どうすれば人が動くのか?』という部分が、机上の知識ではなく実体験として分かっているということです。

だからこそ、

shun
メルマガに触れるだけでビジネス戦闘力が上がるわけです..

 

まぁ、偉そうなことを言ってますが、周りにいるエグい億万長者たちと比べたら僕はまだまだ雑魚すぎるので、あなたと裏メルマガでコミュニケーションを取りながら一緒に進化していきたいってのが本音です。

ということで、ネットビジネスの戦闘力を上げて、自由に稼ぎたい人は裏メルマガに参加してみてください⬇︎

 

1 2 >
コメントを残す

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめ記事