そんなに働きたくない?働き方は自分で決める時代【選び放題です】

あなた
仕事だけの毎日は嫌
出来れば働きたくない
会社に人生を捧げるのは嫌
週休2日以外に働き方ってないの?
お金より働きたくない

このような悩みに答えていきます。

ここからは、毎日働きたくない人のために、想像以上に働き方はあるということについて解説していきます。

そんなに働きたくない?働き方は自分で決める時代

満員電車に揺られながら毎朝出勤、週末は平日の疲れを癒すためにNetflixやYouTubeをダラダラみて過ごす...

本当は海外に行ったり、友達や恋人と温泉旅行にでも行きたいけど、お金や時間の余裕もない。

あなた
社会人って想像よりも大変だ...

 

と感じている人も多いのではないでしょうか?

 

中には、ストレスが溜まりすぎて、精神的なダメージが蓄積して病気で休職したり、最悪の場合は命に関わる事件にまで発展することさえあります。

もしあなたが、毎日の仕事に対して『そんなに働きたくない!』と思っているのであれば、今は働き方を自分で決める時代になっていることを理解しておく必要があります。

 

今の働き方に辛さを感じているのであれば、今すぐに自分にフィットする働き方に切り替えるべきです!

 

shun
働き方はあなたが決めてOKです!

 

20代の3割はそんなに働きたくない【リアルな声】

電通の調査によると、働いている20代の3割が『できれば働きたくない』と思っていると報告されています。

また、その調査の中で、働く目的は『仕事に対するやりがい』や『仕事が好き』などではなく、回答者の7割は『安定した収入のため』というものでした。

 

要するに、20代の若者にとって毎日会社で働くことは、収入を得るための手段に過ぎないのです!

言ってしまえば、生活できる収入さえあれば『会社で毎日働く必要はない』ということです。

 

では、1つ質問をします...

shun
明日、宝くじで6億円が当たったとしたら今の仕事を続けますか?

 

この質問に対して、自信を持って『仕事を続ける!』と言える人はどれほどいるでしょうか...

おそらく9割以上の人が、6億円当たったら仕事を即効で辞めると思います。

 

上記の電通の調査では20代が対象でしたが、どの世代に対して調査をしても深層心理では『働きたくない』というものが多いような気がします。

 

shun
あなたの心の声は?

働きたくないなら正社員以外にも働き方はある【選び放題です】

働くとなると、正社員として入社して人生の貴重な時間を捧げる(命を削る)のが今の働き方のスタンダードとなっていますが、実は働き方はかなり多様化しています。

 

なぜなら、一昔前に比べて個人で稼ぐことがスタンダードになってきた影響もあり、個人がマネタイズする手段も爆発的に増えているからです。(僕もそっちのタイプです)

また、企業側も正社員だけでなく、外注という形で人材を使うケースも増えてきています。(最近では、大手企業が副業人材を求めてますよね..闇が深いです。)

 

例えば

数年前から、ノマドワーカーという場所に縛られない働き方が流行りましたが、現在では色々なサービスが増えたことで "誰でも" ノマドワーカーになれるようになっています。

さらに、個人でマネタイズする手段もYouTubeやSNS、ブログ、note、クラウドソーシングなど、方法論は大量に存在しています。

 

このように、時代の流れはすでに個人で稼ぐ方向にシフトしており、正社員だけが収入を得られるという時代は終焉に向かっているのです。

 

まずは、正社員しか働く選択肢はないという呪縛から解放されましょう!

 

shun
日本型労働からの脱洗脳!

そんなに働きたくない人の働き方【実例】

ここまで、働き方は多様化しているので、働きたくない人は働き方を選択すべきとお伝えしてきました。

このままでは、抽象度が高くイメージがしにくいと思いますので、ここからは実例を交えてお伝えしていきます。

そんな働きたくないなら実力至上主義のフリーランス【スキルは必須】

もっとも時間をコントロールできるのは、フリーランスとして独立することです。

当然のことながら、スキルがないと生活することはできませんが、スキルさえあれば自分の休みも自分で決めることができます。(そんなに働かないという選択肢を選びやすい)

 

業種にもよりますが、仕事場を自宅や近所のカフェにすることもできるので、満員電車で苦しみを感じる通勤というストレスから解放され、優雅に朝の時間を使うことができます。

 

例えば

フリーランスであれば、出勤時間や休日が決まっていないので、やる気がある時だけ仕事をするというスタイルもとれます。

リモートできる仕事であれば、ハワイや東南アジアなどに移住して、ゆったり仕事をすることも普通にできるのです。

 

このように、スキルさえ磨いていれば働き方は自由なのです。

 

shun
スキルを磨こう!

働きたくないなら週3日勤務と副業のプラスαでOK

働く時間を抑えるための、もっとも現実的な方法について解説していきます。

それが、

shun
週3日勤務の仕事に労働時間を圧縮する。

 

というものです。

これによって、実質的に働く時間は短くなるのですが、当然のことながら週3日の労働では収入面に不安を感じるはずです。

そこで、週3日勤務以外に個人で稼げる副業に挑戦をして、プラスαの収入を得るダブルワーク方式を取るのです。

 

例えば

週3日勤務で10〜15万程度の収入を得て、副業で2〜3万円を稼ぐことが出来れば生活することは容易ですよね。

基本的には、週3日の勤務で最低限のライフラインを確保して、足りない分は副業として稼ぐことでバランスを取ればいいのです。

ただし、東京などのコスパの悪い場所に住むと難しいので、地方都市に移住するのがベターです。

 

このように、スポットでの労働と個人で稼ぐことを組み合わせることで、働く時間はグッと抑えることができるようになります。

 

副業での稼ぎ方はこちらへ
≫ 在宅ワークで月1万は誰でも稼げる!目的別に稼ぎ方を紹介【再現性100%】

働かないで大きな資金が欲しいなら治験バイト【話のネタにもオススメ】

上記で勤務労働は週3に圧縮して、個人で稼ぐ方法をプラスαの収入にしようとお伝えしましたが、友達との旅行や恋人へのプレゼントなど、まとまった資金が欲しい場合もあると思います。

そんな時のために、寝ているだけで現金30万円が銀行口座に振り込まれる方法について解説していきます。

shun
怪しいですか?説明します。

 

まぁ、結論から言うと、『治験のバイト』です。

 

治験のバイトと聞くと、「怪しい」「怖い」などのイメージがあると思いますが、治験は国が指定する要件を満たした病院で行われ、治験モニターに募集した方への事前検診などの健康チェックも十分に行うため安全に参加することができるように配慮されています。

 

もちろん、怪しいルートからの治験バイトは危険ですが、国が保証している正式なルートから治験モニターに登録すれば、安全な治験バイト寝ながら数十万円を稼ぐことができます。(しかも、三食昼寝付きです)

一部、例を挙げると、

 

治験バイトの例 ①
20歳〜45歳の男性
事前検診1回
17泊18日、通院1回
謝礼:31万円

 

治験バイトの例 ②
20歳〜70歳の男女
事前検診2回
通院×4回(採血のみ)
謝礼:5万円

 

このように、数万〜数十万円と、かなり高額な謝礼が設定されています。

国から認可を受けた病院で、医師の指導によって治験が行われているため、安全性は担保されています。

そのため、まとまった資金が必要な人は、選択肢の1つとして考えるのもアリだと思います。

 

高額謝礼の案件が多数あるので、こちらから無料登録をして、確認してみてください。

ちなみに、登録することで、驚くほど高額な非公開案件(ちょっとヤバいw)を見ることができるので、合コンなどでも話のタネになると思います。笑

 

治験モニター募集

 

shun
非公開案件の内容はかなり刺激的なので、飲み会で100%ウケます笑

働きたくないなら働き方は自分で決める時代【安定は神話です】

働きたくないなら勤務時間を圧縮して、個人で稼ぐ方法などについて解説してきました。(刺激的な治験バイトについても軽く触れましたw)

この記事を読んでくれているあなたにお伝えしたいのは、働きたくないと言いつつ、会社の奴隷として働き続ける人は『会社員は収入が安定している』という神話に生きているということです。

 

これだけ、時代の変化やIT化などが叫ばれている中で、なぜか「自分の仕事は大丈夫。」という謎の自信を持っている人は非常に多いです...

 

では、もし何の準備もなしで、いきなりリストラされてしまったら?

 

実際のデータを見ても、ここ数年でトヨタ、パナソニック、レオパレス、武田薬品、ファミリーマートなど、日本の大手企業から上場企業までも数千人の大規模なリストラを敢行しています。

要するに、"大企業に入ったから一生安泰" という神話を信じていた人達が首を切られているのです...

shun
これからではなく、すでに安定神話は崩壊しています。

 

では、これらを踏まえて、あなたはどんな選択をしますか?

 

毎日30年間も、会社の奴隷となって働いていたのに、ある朝上司に呼ばれて『お前はもう必要ない。』と首を切られて恥を晒すのか?それとも、働き方を自分で選択して、常に時間と心に余裕がある生活をするのか?

 

正直に言えば、どちらの道も楽ではありません...

しかし、両者とも大変なのであれば、自分が好きな道に進むべきではないでしょうか?(僕はそのように感じますし、自分の人生は自分で決めたいです)

 

shun
自分の人生を決めるのは、あなた自身です!

まとめ

そんなに働きたくない人のために、労働時間を圧縮する方法論について解説してきました。

多くの人が働きたくないと思いながら、お金のために仕事をしているのですが、人生の1/3は仕事をしていると言われています。

そして、これを言い換えると、一度しかない人生の1/3の時間を自分が好きでもないことに使っているということです...

 

あなたはどんな人生を送りたいですか?

 

まずは、働き方の前に、「どんな人生を送りたいのか?」を明確にするべきかもしれませんね...

 

shun
人生をデザインしよう!

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事