成約率を上げるにはスモールキーワード戦略が重要【通信販売から学ぶ】

あなた
アクセスを集めても成約率が少ない
ネットで物を売るのは難しい
CVを増やす方法を知りたい
SEOで上位にあげるのが難しい
1万円でもいいから利益を出したい

このような疑問に答えます。

ここからは、アフィリエイトで成約できない悩みに対して『スモールキーワード戦略』という観点から解説していきます。

成約率を上げるにはキーワード戦略が重要です【アクセスの質】

成約率を上げるには、キーワード戦略が重要になってきます。

なぜなら、キーワードボリュームが多い場所を狙っても、競合が多すぎて上位表示させることが難しくなるからです。

 

例えば

月間3万PVあるキーワードを狙おうと思ったら、それなりの労力と時間がかかりるので初心者には難しいと思います。

成果が出ないと、辞めてしまう人が多いですよね。

逆に、月間30PVくらいしか集まらないキーワードだとしたら、狙っている人が少ないのでライバルが少なくなるのです。

 

つまり、成約率を上げるには、スモールキーワード戦略を実行していく必要があるということです!

 

成約率のやつ

こちらは、1記事からの成約ですが、スモール戦略を実施していけば、アクセスを集めて制約させることができます。

 

 

成約率を上げるためにはスモールキーワード戦略を立てよう

上記でスモールキーワード戦略に触れましたが、成約率を上げるにはアクセス数が少なくライバルがいないキーワードを狙っていく必要があります。

 

アクセス数の少ないスモールキーワードを狙っていくと、必然的に『複合キーワード』や『特殊なキーワード』になっていくと思います。

 

例を挙げると
・不動産 値下がり 時期 10PV
・挙式 曲 チャペル   10PV
・不動産 専任 売却   20PV
・不動産 他社 物件紹介 20PV
・マンション 売却 金額 10PVこのように、複合系のキーワードになってきます。

 

このキーワードから考えると、ユーザーのニーズがかなり限定されているのが分かりますよね。

 

要するに、悩みの深いお客さんが集まってくるので、適切な案件を設定してあげることで、より成約率が上がりやすいのです。

 

shun
狙いはスモールキーワードです!

 

 

 

スモールキーワード戦略はライティングが重要

スモールキーワード戦略ではライティングが重要です。

なぜなら、悩みの深い人が来ているために、その人に突き刺さるようなコンテンツでなければいけないからです。

 

例えば

真剣に悩んでいる人に対して、フワッとしたアドバイスをしても、その人は納得しないですよね。

逆に、真剣に悩んでいる人に最適化された情報を提供することができれば、その人は納得しますし、あなたに対して「自分のことを分かってくれる」と信頼しやすい心理状態になります。

 

つまり、『どのようなライティングでキラーページを作っていくのか?』が重要になってくるのです。

 

 

 

スモールキーワード戦略のキラーページで重要な7ステップ

スモールキーワード戦略については離解できたと思うので、ここからは成約率をあげるキラーページで重要なことについて解説していきます。

 

ステップ①:商品の概要と商品を使って得られる未来

まずは、簡単に商品の概要をお伝えしましょう。

どんな商品なのかを噛み砕いて解説することで、ユーザーの理解が進み購買意欲が高まります。

 

そして、商品を使って得られる未来をお伝えすることは、成約率を高めるために重要なポイントになります。

通信販売でも、「〜を使ったら、こうなりました!」と、ビフォーアフターを紹介していますよね。

 

その商品を使ったら、自分がどうなるのか?というのがユーザーにイメージさせることは非常に効果的です。

これを読んだ方が、「自分もそうなれるかも」と思ったら成約率は一気に上がります。

 

 

ステップ②:商品の使い方を解説する

購入した商品をどうやって使うのか?という点について解説していきます。

ここで重要なことは、商品を使っているリアルをユーザーに感じてもらう必要があるので、なるべく具体例を増やしてイメージしやすい状況に誘導することです。

 

ユーザーの生活背景に溶け込むような具体例でイメージ化させましょう!

 

ステップ③:商品のデメリットを正直に伝える

多くのサイトで、メリットとデメリットを解説していますが、デメリットが最終的にメリットになっているケースが非常に多いですよね。

「結局は〜だから、そこまでデメリットではありません」のような記述を多く目にします。

 

これを見た瞬間に、ユーザーは「これは、売ろうとしているな」と心のどこかで感じてしまいます。

 

そのため、言い逃れのできないようなデメリットを正直に伝えることが信頼感を高めるために重要なステップになります。

どうせ買ってしまえば、そのデメリットに気づくわけですから、先に教えてあげた方が良いですよね。

 

 

ステップ④:商品を利用すべき人物像を伝える

どんな人に、この商品がオススメなのか?を具体的に伝えましょう。

『自分にとって必要な商品だ!』ということを、相手に感じ取ってもらう必要があるので、このパートも非常に重要になって来ます。

 

キーワード選定と記事構成の段階で、どんな人を対象にしているのか?というペルソナを明確にしておくと、非常にライティングが簡単になります。

 

 

ステップ⑤:商品を利用すべきではない人を伝える

紹介する商品を利用しない方が良い人についても解説します。

 

なぜなら、もし上記の "利用すべき人" でユーザーがハマらなかったとしても、利用すべきじゃない人を読むことで、自分が対象外ではないという認識を与えることができるからです。

 

例えば
パーソナルジムなどの商品であれば、『身体を動かしたりする運動が極端に嫌いな方にはオススメできません。』と、お伝えするだけでも大丈夫です。

 

 

ステップ⑥:商品の値段がぶっちゃけ高いか安いかを伝える

ここは意外と重要なポイントですが、多くのアフィリのサイトを見ると「1日たった〇〇円でお得!」というフレーズを非常に多く見かけますよね。

 

これは、あまりニーズが深くない人に対して、「とりあえず試してみてください!」という形であれば有効なのですが、ニーズの深い人にとっては悩みが解決できるなら、値段はそこまで重要ではありません。

 

例えば

電車の中で、うんこが漏れそうになったときに、『下痢止め1袋1500円』で売っていたとしたら買いませんか?

下痢を漏らすという悩みよりも、お金を支払って解決できた方が良いという気持ちになるってことです笑

 

そもそも、ある商品を見て高いか安いか決めるのは、アフィリエイターではなくユーザーです。

あなたが高いと思うなら、高いと伝えればいいですし逆もまたしかりですが、高いと思ったのであれば、その理由も合わせて記述する必要があります。

 

人は物事を判断するときに、何かの基準に照らし合わせて相対的に判断しますので、あなたが基準値を作ってあげると、ユーザーも判断しやすくなるのです。

 

 

ステップ⑦:商品に対する総合した感想

最後は、その商品に対する感想を述べるだけです。

 

最後は以上の6つのステップを、上からざっくりと解説していくことで、もう一度ユーザーの頭に情報を叩きこんでいきましょう。

 

shun
ここは、長くなるとウザいのでざっくりまとめましょう!

 

 

 

 

キラーページで解説するコンテンツは1つに絞る【通信販売のテクニック】

成約率を高めるキラーページを作るために、通信販売のテクニックを紹介すると『解説する商品は1つに絞る』ことが重要になって来ます。

 

通信販売では、テレビという媒体を使っているので、1秒1秒もの凄いお金を燃やしながら商品紹介をしているので、商品を売るため特化した情報のみをお伝えしています。

 

通信販売の商品説明を見れば分かりますが、1つの商品を売るときに何種類もの商品を並べて、「ここから選んでください!」という方法は使っていませんよね。

 

 

しかし、ネット上では3つくらい比較して売るという方法が取られています。

人間は選ばされているという強制力に敏感なため、このように選択肢を与える手法がスタンダードになっていますが、アクセスの段階で悩みの深い人を狙っていれば、紹介するコンテンツは1つで大丈夫です。

 

むしろ、他のコンテンツを紹介することで、選ぶのがめんどくさいという心理が働いて、別のものも探そうという気持ちになってしまいます。

 

shun
だからこそ、キラーページで紹介するコンテンツは1つに絞るべきなのです!

 

 

まとめ

成約率で悩んでいる方のために、スモールキーワード戦略の使い方について解説してきました。

大量にアクセスを集める手法と異なり、少ないPV数でも質を重視することで成約率を高めていく手法ですので、もしアクセスが爆発したら1PVあたりの単価がもの凄いことになります。

 

ライティングも重要ですが、どのキーワードを狙うかによって結果が変わってくるので、ユーザーの悩みを考えながら、キーワード選定を考えましょう!

 

上記の7つのステップを踏むことで、成約率の高いキラーページを作ることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

shun
まずは、スモールキーワード戦略を実践しましょう!

 

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事