習慣が変われば人生が変わる【続ける習慣の作り方はスモールステップ】

あなた
習慣が重要なのは知ってるけどイマイチ微妙
習慣化させるのが難しくて大変
習慣化させる方法を知りたい
習慣にさせても、継続することができない

このような疑問に答えていきます。

ここからは、習慣が大事だと気づいているけど、実際に習慣化させる方法が分からない方のために、人生を変える習慣形成について解説していきます。

習慣が変われば人生が変わる【積み上げる影響力】

習慣が変われば人生が変わります。

なぜなら、習慣とはその人の生き方のクセだからです。

 

例えば

痩せている人と太っている人の間にも、大きな習慣の違いが存在しています。

Aさん
夜は19時以降は何も口にしません。

という習慣の人と、

 

Bさん
22時を過ぎてもお腹減ったら何か食べてます。

という習慣の人だったら、
どう考えても前者の人の方が痩せていますよね!

 

このように、習慣というものが人間の生き方から体系にまで、大きな影響を与えているのです。

もし、人生を変えたいのであれば、身につけている習慣を変えることができれば、望む結果に直結するということです。

 

 

 

習慣の作り方はスモールステップ【続けるコツは単純です】

習慣の正しい作り方は、スモールステップを繰り返していくことです。

なぜなら、習慣に限らず人間が何か新しいことをしようとする時は、必ずメンタルブロックが入るので、乗り越えるべき障害は小さく設定する必要があるからです。

 

例えば
毎日早起きして読書をするという習慣をつけたいとします。
いきなり毎朝5時に起きて読書を1時間すると設定してしまうと、乗り越えるべきハードルが高くなってしまい習慣化させるのが非常に難しくなってしまいます。

 

この場合は、習慣化させたい『毎朝5時に起きて読書を1時間する』という行為を分解していく必要があります。

毎日ギリギリまで寝ていた人が、いきなり5時に起きることも大変ですし、起きた後に読書を1時間というのは現実的ではないですよね。

勢いがあるのは良いことですが、達成できなければ意味がないので、達成できるレベルまで要素分解していきましょう。

 

どのように要素分解しても良いのですが、

例えば
・毎朝5〜6時に起きる
・毎日読書5ページをする
・早く起きたら1ページ読書する

などのように、いくつかの要素に分けて、1つずつ習慣化させていくイメージです。

 

これを一気にやろうとすると
あまりにも負荷がかかり過ぎて、結局は継続することができずに習慣化されないという事態になってしまうのです。

 

shun
新しいことを習慣化させたいなら、要素分解と覚えておきましょう!

 

 

 

習慣化されるとモチベーションは不要になる【何事でも有利】

習慣化されるとモチベーションは不要になります。

なぜなら、習慣化されることで『意識的に行う』から『無意識的に行う』にシフトするからです。

 

意識的な行動か無意識的な行動かで、脳みその使う領域やかかるコストが変わってきます。

 

僕たちが普段、無意識で行なっている『体温や血圧調整・呼吸』などを意識的に行うと仮定すると、処理すべきことが多すぎて何かを考える余裕は全くなくなり、ただ生きているだけになってしまいます。

 

それほど、膨大な情報量を無意識領域は支配しているのです!

つまり、無意識領域を使った方が、圧倒的にコスパが高いという事になります。

 

 

身近な例で言えば、毎日行っている歯磨きやお風呂での洗体行為は習慣化されていますよね?


 

歯磨きをするために、

あなた
おっしゃ、今から歯磨きするぞぉぉぉ!!!

という人はいないと思います。笑

気合いを入れなくても、歯磨きは気軽にすることができますよね。

 

このように、習慣化されている行為は、モチベーションを使うことなく実行することができるのです!

 

つまり、インターネットビジネスで言えば、毎日コンテンツを作ることが習慣化されていれば、歯磨きをするような感覚でコンテンツを大量に生み出すことができるのです!

 

得たい結果に必要な作業を、
モチベーションとは関係ない領域でやることができるようになると、大きな結果を手にすることができるということです!

 

shun
習慣を味方にしたらマジで最強です!

 

 

 

人生を変えるための習慣化には逆算思考が重要

人生を変える習慣を身につけるには逆算思考が重要です。

 

なぜなら、習慣が人生を変えるからと言っても、見当違いの習慣を身につけていたら、望む未来に進むことはできないからです。

 

例えば
東京から北海道に行きたいとして、
毎日、西に向かって100km進むという習慣をつけてしまったら...北海道とは全く関係ない関西方面に進んでしまいますよね?

 

そのため、人生を変えるための習慣を身につけたい場合は、自分が望む未来を明確にして、そこから未来のために必要な要素を分解して、その中で最も重要なことを習慣化させていくのです。

 

このような方法で、目的を持って習慣化を図っていくことで、より効率的に得たい未来を獲得することができるということです!

 

 

 

まとめ

挫折しない習慣形成のプロセスと、目標達成のための習慣化について解説してきました。

 

どんな人でも習慣化できるように、要素分解をして難易度を下げていく方法を解説しましたが、課題負荷が大きいものを一気にやって習慣化させることも可能なので、自分にあった方法を選択していきましょう。

 

ある程度の意志力を持っている人であれば、要素分解しなくても一気に習慣化させることができるはずです。

これまでの自分が、どれだけのことを継続してこれたのか?というのを振り返って、このあたりは調整してみてください!

 

習慣化に失敗すると、ダメージを受けて再チャレンジへの動作が重くなる人もいるので、この部分は慎重に行なった方がいいかもしれません。

 

shun
行動しなければ結果が分からないので、とりあえずやってみましょう!

 

 

 

 

もし、この記事への質問やご相談等がありましたら、こちらからお問い合わせください。たくさんの方々からメッセージを頂いていますが、出来るだけ24時間以内には返信させていただきます。

僕自身も、あなたのご意見をお聞きして、今後の情報発信の参考にさせて頂ければありがたいですし、何らかの形でお力になれると思います。
<追伸>
お問い合わせメールで、「もっと気軽に、質問や悩み相談がしたい。」という声を頂いたので、フランクにコミュニケーションが取れる【公式LINE】を開設しました。
おそらく、リリース前のビジネスや健康についての進化レポートなどを試験的にお送りすると思いますので、興味がある方はお気軽にご登録ください。

shun
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
1 2 >

Twitterでもフォローお願いします。

おすすめの記事